体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KICK THE CAN CREW、チームワーク発揮! ライブMCのミニコントで会場爆笑

KICK THE CAN CREW、チームワーク発揮! ライブMCのミニコントで会場爆笑
今年、放送30周年を迎えるJ-WAVE公式カウントダウン番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)による、スペシャル・ライブ・イベント「J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 FESTIVAL」が、3月28日に新木場STUDIO COASTにて開催されました。

リスナーに感謝の気持ちを込めて毎年行われている同イベントは、番組リスナーを中心に2200名を無料招待。CHAI、在日ファンク、Ovall 、KICK THE CAN CREW(出演順)が出演。ここでは、イベントのトリを務めたKICK THE CAN CREWのライブレポートをお届けします。

昨年、結成20周年を機に復活を果たしたKICK THE CAN CREW。大歓声で迎えられた3人は最初に「千%」を披露しました。同曲は昨年、約14年ぶりにリリースされたアルバム「KICK」に収録。全身でリズムをとりながら、ステージの端から端まで動き回ります。

曲が終わり、「TOKIO HOT 100!」と呼びかけるKREVA。続いて「地球ブルース 〜337〜」では、「上げろ! 上げろ!」とメンバーに煽られた観客が拳を突き上げ、ますますテンションが高まっていきました。

kick_GEO_7696.jpg

「知らない人も!」という言葉とともに始まった「TORIIIIIICO!(3人ver)」。曲中では、LITTLEがMCUに走り寄って抱きつくなどのパフォーマンスが見られ、3人がステージを端から端まで動き回る、目にも楽しいアクトが進んでいきます。

続く「マルシェ」では、「皆はっきり言っとけ!」「上がってる!」というお馴染みのコール&レスポンスも完璧に、メンバーとオーディエンスが共に曲を作り上げていきます。LITTLE、KREVAは飛び跳ね、MCUはステージのギリギリに立ち客を引きつけ、会場の熱は最高潮に。

kick_GEO_7568.jpg

MCではKREVAが、「昔の曲をやると、逆にフレッシュなんじゃないかと思って。ゆったりした曲をやります」と言い、インディーズ時代に発表された「ユートピア」がスタート。それまでの弾むような雰囲気とは違い、葛藤しながらも人生と闘っていくという、切実な響きのラップを聴かせました。

再びのMCでは、同イベントを主催した番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」について、「30年ですよ。しかも何時間も生放送を続けるって、本当にすごいと思います。これからも末永くお付き合いできるよう、よろしくお願いします!」とKREVA。MCUがトークをする流れでは、KREVAが「英語のほうがいいんじゃない?」と無茶振りをする展開に。MCUはデタラメな英語を話し、KREVAが「やっぱり日本って最高だよね。だってファミリーコンピューターがある国だから! ……と言ってます」と適当に翻訳。“外タレのインタビュー風”のやりとりで、会場を爆笑させました。

kick_GEO_7794.jpg

ふたりのコントを受けて、LITTLEは「相変わらず時間がないから。行こうか!」と場をまとめ、「イツナロウバ」へ。KREVAとMCUはステージの両端でタイミングを合わせてくるりと回転。「sayonara sayonara」は、赤いライトが灯り、会場が曲の世界にとっぷりつかりました。

ラストの「アンバランス」では、サビでメンバーとオーディエンスが、大きくゆっくりと手を左右に振ります。最後の拍手は、底から沸き起こったように熱いものでした。

MCでは「結成20周年で、あいだ14年休んでますけど……」(KREVA)と話して観客を笑わせましたが、終始それぞれの存在感の華やかさとともに、息ぴったりのチームワークが感じられるステージでした。

kick_GE40743.jpg

今回のライブの模様は、4月1日(日)放送のJ-WAVE「J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100」内でオンエア予定。その直前、3月30日(金)には、KREVAが「-JK RADIO-TOKYO UNITED」に出演し、放送中に番組テーマ曲を制作します。どちらもお聴き逃しなく!

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:日曜13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/
Twitter:https://twitter.com/tokio_hot100

■セットリスト

01. 千%
02. 地域ブルース 〜337〜
03. TORIIIIIICO!(3人ver)
04. マルシェ
05. ユートピア
06. イツナロウバ
07. sayonara sayonara
08. アンバランス

Text: Yuki Nishida

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy