体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

前園真聖「大人の意地見せます」 小学生とキックターゲット対決で二枚抜き

前園真聖「大人の意地見せます」 小学生とキックターゲット対決で二枚抜き

 ソフトバンクが2月に公開したTV CMで、俳優・竹内涼真さんと志尊淳さんの二人が「サンキューパス」と言い合いながらサッカーをする「リョウマと志尊のサンキューパス」篇にちなみ行われていた「#サンキューパス動画投稿キャンペーン」の入賞者に対する特典「キックターゲット対決」が3月29日、都内で実行されました。

 イベントにはゲストとしてお笑いコンビ・ペナルティの二人、元日本代表の前園真聖さん、タレントの鈴木奈々さんが参加。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 最優秀賞を受賞した宮城県の小学生で結成されたサッカーチーム「雷神」とゲストがチームを組み、キックターゲットの対決を繰り広げました。

 対決に挑む意気込みを聞かれると、ペナルティのワッキーさんが軽快に「サンキューパス」といいつつボケましたが、一気に会場が静まりかえるという事態が発生。続いて鈴木さんは子供の頃お兄さんとサッカーをやっていたといい「自信あります!」とコメント。前園さんは「子供とは楽しみつつも、勝負は負けたくないです!大人の意地見せます!」と各自やる気をアピール。

 試合では2チームに分かれて対決がスタート。キックターゲットとは数字の書かれたパネルの的を、キックしたボールで開けるというゲーム。ここで「雷神」の小学生達のリクエストに応え、“マイアミの奇跡”と呼ばれた前園さんが、キックターゲットの同時二枚抜きを披露。イベント一番の盛り上がりとなったのですが、レフリーの判定により二枚抜きは無効という扱いに。結果、対決はペナルティチームが勝利しました。

 対決後のトークセッションでは「サンキューパス!」の掛け声にちなみ「サンキューを伝えたい相手について」の質問が行われました。ワッキーさんは「ヒデ!いつもありがとう!」と相方に対する感謝の言葉を述べ、ヒデさんが「恥ずかしいわ!」と照れる場面も。鈴木さんは「もちろん旦那さんにサンキューを伝えたいです!私が忙しいから、洗濯も、掃除もやってくれて、自宅の茨城県からお迎えにも来てくれるんですよ!」とのろけ全開のコメントをするなど、イベントは始終なごやかな雰囲気で行われました。


関連記事リンク(外部サイト)

瀬戸内エリアのアイドル「STU48」が中国5県の“応援隊”に
木梨憲武がおっさんレンタルに登録 「人生相談でも、番組裏話でも、なんでも承ります」
福山雅治を贅沢につかった長崎の島PR動画が50万再生突破

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。