体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

燃費バツグン!TeslaのEVトラック「セミ」にオーダー続々

電気自動車業界を牽引する米国のTesla社が開発を進める電気トラック「セミ」の受注が好調だ。

このほど、国際貨物大手のFedExは20台を発注したと発表した。運輸業界を中心に、電気トラックを導入する取り組みが鮮明化している。

・運輸業界に変革

セミは電気で走るので環境に優しく、燃料代がかからない。しかもメンテが簡単になるなど、コストパフォーマンスがいいことから、運輸会社などにとっては大きなメリットがある。

しかも自動緊急ブレーキを備え、センサーやカメラによる障害物検知機能など安全装備でも優れていて、運輸業界に変革をもたらすとされている。

・最大はUPSの125台

Teslaは2019年からセミを本格生産・出荷する予定で、現在プレオーダーを受け付けている。これまでの最大受注は運送会社UPSからの125台。運輸・貨物業界ではDHLも10台発注している。

食品業界もセミに熱視線を送っている。清涼飲料水会社ペプシコは100台、ビール会社アンハイザー・ブッシュは40台を発注した。

チェーン展開するスーパーマーケット業界では、カナダのLablawがセミ発表後いち早く15台を注文。またWalmartも同じく15台をオーダーしている。

気になるのがセミの開発・生産体制だが、先日長距離輸送テストを行うなど、これまでのところ順調にいっているようだ。来年の正式発売後はEVトラック導入の流れがさらに増すこと必至だろう。

FedEx News Release

Tesla

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。