体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠い国だけど交流は明治時代から!  日本と中南米の関係とは?

中南米の国と聞いて、どんなことを連想する?

 

サッカーが強い!陽気なカーニバル!サンバのリズム!

 

…って、身近に思い浮かべるのはそのくらい?

 

でも、ほかにも大事なことがある。

 

日本と中南米の国々は、友好関係の歴史が古く、100年以上前から交流している国も多いんだ。

 

今、日本は中南米の国にさまざまな援助をしているけれど、日本も中南米から助けられてきた。

 

例えば、さまざまな産業に必要な銅や銀など鉱物資源や、みんなの食卓に並ぶ大豆や魚、果物などの食料。

 

これらは中南米から輸入されたものも多い。

 

そこで、中南米との交流や開発協力について、専門家に話を聞いてみた。

 

話してくれたのは、外務省国際協力局の国別開発協力第2課の松本勝弘さん。

 

外務省に入って35年のベテラン外交官だ。

 

コロンビアやペルーなど中南米の4つの国に赴任した経験があり、現在は外務省で中南米の経済発展を支援するODA(政府開発援助)にかかわっている。

 

遠く離れているけれど、結びつきは深い! 日本と中南米の関係

※中南米の国々(出典:外務省ホームページ)

 

1.日本が国際社会で活動することを助けてくれた

2.中南米との絆を強めた開発協力

3.最近はどのような協力をしているの?

4.日本と力を合わせて他の途上国を支援している!

5.赴任先のパナマで歴史的な事件に遭遇

6.高校生の皆さんへ

日本が国際社会で活動することを助けてくれた

遠く離れているけれど、結びつきは深い! 日本と中南米の関係 「中南米の国々は地球の反対側にあり、距離は遠いですが、日本とは古くから強い結びつきがあります」

その交流の歴史を教えてもらった。

 

19世紀後半:日本と平等な条約を結んでくれたのが、メキシコ

「明治維新を迎え、長く鎖国をしていた日本は開国。

 

しかし、欧米列強と不平等条約を結ばされていました。

 

貿易などで日本に不利になる条約です。

 

そんな時代の1888年(明治21年)、アジアの国以外で初めて日本と対等な条約を結んでくれたのはメキシコでした」

その後、20世紀初めにかけ、日本はほかの中南米諸国とも次々に国交を結んだ。

 

19世紀末~20世紀初め:多くの日本人が中南米へ移住

「そのころの日本は貧しかったのですが、中南米の国々は農産物がたくさん採れて豊かでした。

 

中南米での成功を夢見て、多くの日本人が移住したのです」

そんな移民の子孫(日系人)が今も中南米に住み、その数は約211万人(※)にもなる。

 

世界には約380万人(※)の日系人がいて、その半数以上が中南米諸国で暮らしていることになる。

 

中南米の日系人は政治、経済など幅広い分野で活躍していて、中南米と日本の関係強化にも貢献している。

 

20世紀半ば:第二次世界大戦後、日本の国際社会復帰を支援

「第二次世界大戦で敗戦国となった日本。

 

国際社会への復帰を助けてくれたのが中南米の国々でした。

 

1956年(昭和31年)、日本の国連加盟のときに中南米の多数の国が賛成してくれ、日本は国連に加盟することができたのです」

また、戦後の荒れ果てて食料や生活用品が不足してしまった日本に、アルゼンチンなど中南米の国々が積極的に援助物資を送ってくれたのだという。

 

(※)公益財団法人海外日系人協会の調査より(2016年の推定値)

中南米との絆を強めた開発協力

遠く離れているけれど、結びつきは深い! 日本と中南米の関係
1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy