体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永遠の人気車「クラシックMINI」の電気版! NYオートショーで展示へ

人それぞれに思い入れのある車があるかと思うが、多くの人に愛情を持って視線を注がれる車の一つが、クラシックミニ(ローバーミニ)だろう。コンパクトさと愛らしいデザインで世界中の人を虜にしてきた。

そのクラシックミニの電気版が、ニューヨーク国際オートショー(3月30日−4月8日)展示用に製作・発表された。ただ、写真を見て胸に矢がささった人には申し訳ないが、残念ながらこのクラシックミニ電気版は展示のみとなっている。

・クラシックな外観そのまま

クラシックミニ電気版は、やや丸みを帯びたキュートな形、コンパクトなつくり、3ドアなど、基本的にクラシックミニの外観そのままだ。

ただ、給油口が電気チャージャー口になっているという変化があったり、電気自動車を表すプラグが描かれたロゴがエンブレムとタイヤホイールハブに入っていたりという変化はある。

・現行ミニEVは2019年発売

今回のクラシックミニ電気版は展示用だが、一方で現行ミニデザインの電気版の開発は進んでいる。こちらは2017年のフランクフルトモーターショーでコンセプトがお披露目され、オクスフォード工場で2019年から生産される予定となっている。

2019年というとクラシックミニ誕生60周年という節目にあたる。

いま、車は石油・ディーゼルから電気へと変わりつつある。また、環境意識の高まりから、小型車への回帰もみられる。そうした風潮に合った現行ミニ電気版、発売時にはまた大きな話題となりそうだ。

MINI USA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。