体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロボット掃除機を効率的に使う、そして綺麗な部屋をキープする!…にはどうすれば?

f:id:ponparemall:20170306150128j:plain

新しい機能が次々と追加され、進化を続けるロボット掃除機。自動で部屋をキレイにしてくれる、とても便利な家電ですが、実は使いこなせずにいる人も多いようです。そこで、ロボット掃除機にまつわる「よくあるお悩み」を、家電に詳しいライター・コヤマタカヒロさんにぶつけ、解決方法を教えてもらいました!

【お悩み1】障害物を片付けるのが面倒…

収納ボックスやゴミ箱など、床に障害物があるとロボット掃除機が止まってしまいますよね。でも、障害物を事前に取り除いておくのが面倒なのですが…。

「そういった場合は、国内メーカーのロボット掃除機がオススメ。障害物や家具にぶつからないように、それらとの距離を赤外線で自動探知してくれる機種が多いですよ。対して、海外モデルのロボット掃除機には、障害物に一度ぶつかってから方向を変える…という動き方をするものもあります。だいたい10kg以上ある障害物はそのまま置いておいても大丈夫ですが、それ以下の重さのものは、掃除機がぶつかった衝撃で倒れてしまうこともあります。ぶつかっても倒れないように、あらかじめ重しなどを入れておくといいでしょう」(コヤマさん・以下同)

f:id:ponparemall:20170306150103j:plain

障害となるものに重しを入れて10kg以上にしておけば、ロボット掃除機がぶつかった際に方向転換します

f:id:ponparemall:20170306150202j:plain

コヤマさんオススメの国産ロボット掃除機「パナソニック ルーロ MC-RS200」。

赤外線センサーと超音波センサーを搭載しており、家具や壁を検知すると自動で減速してくれるそうです。賢い!

パナソニック ルーロ MC-RS200/10万7,784円(税込)

画像提供:パナソニック

在庫をチェックする⇒

【お悩み2】部屋はキレイなのに、なかなか基地に帰ってくれない…

掃除が済んでいるように見えるのに、ロボット掃除機が自分の基地に戻らず、ずっとウロウロしている現場もよく見かけます。音もうるさいし、掃除が終わったなら早く止まってほしいのですが…。

「ロボット掃除機は、メーカーや機種によって掃除方法が異なります。一見キレイなのに掃除が終わらない…というのは、“同じ場所を何度も違う方向から掃除してキレイにする”という掃除法をとるロボット掃除機でしょうね。そういうタイプの掃除機は充電ステーション(基地)の位置を認識していれば充電が切れる前に自動的に戻るので、人の手で戻すのは避けた方がいいです。もし基地以外で充電が尽きているようなら、基地の場所を再検討しましょう」

f:id:ponparemall:20170306150625j:plain

オススメの基地の設置場所は、掃除機を最も多く使う部屋のフラットな壁際。死角になりそうな場所に設置すると、基地を探している間に充電が尽きることがあるそうです

【お悩み3】帰宅すると、逆に散らかっている…

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。