体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽勝で「総額100万円以下」になったフィアット 500、そのグレード別のキャラをあらためて整理する!

▲お手頃相場になったフィアット 500(チンクエチェント)ですが、「グレードや限定車の数が多すぎて、どれを選べばいいのか正直わからん!」という人もいるかもしれません。あらためて初期モデルのグレード構成をおさらいしておきましょう

▲お手頃相場になったフィアット 500(チンクエチェント)ですが、「グレードや限定車の数が多すぎて、どれを選べばいいのか正直わからん!」という人もいるかもしれません。あらためて初期モデルのグレード構成をおさらいしておきましょう

マニア以外は何がなんだかよくわからない?

「ありがちな国産大衆車じゃなく、こじゃれた輸入コンパクトが欲しい! ただし予算はハッキリ言って総額100万円以下で!」みたいなことを考えている人は、意外と少なくない気がします。

そんな人にぜひ注目してほしいのが、このところ中古車相場がめっきりお手頃になったイタリアのコンパクトカー「フィアット 500(チンクエチェント)」です。

この可愛いビジュアルをご存じの方も多いと思いますが、フィアット 500(チンクエチェント)は、往年の500(映画『ルパン三世 カリオストロの城』などでルパンが乗りまわしているあの小さな車です)をモチーフに作られた2008年デビューのFFコンパクトカーです。

グレードバリエーションが豊富な車ゆえ(というか限定車がかなり多いゆえ)、新車時価格は179万~282万円とけっこう幅広いのですが、その中古車は今、だいたい総額50万~100万円ぐらいでも探すことができます。

そして、ご存じのとおりのしゃれたビジュアルおよび雰囲気で、走らせてみても、そのキビキビした小気味良い感触はなかなかのモノ。

イタリア物の割には(?)特に故障が多いということもありません。つまり、かなりオススメできる車なわけです。

唯一の問題は、前述のとおりグレードバリエーションがけっこう多く、限定車の種類もかなり多かったため「そもそもどれを買えばいいのかよくわからん!」ということかもしれません。

輸入車に詳しいマニアさんはそのあたりのこともすべて把握しているのかもしれません。

しかし、そうではない人は、いきなり「フィアット チンクエチェント プラスビルシュタイン」とか言われても、何かの呪文にしか聞こえないでしょう。

そこで「総額100万円以下で狙えるフィアット 500(チンクエチェント)」に限ったグレードガイダンスのようなものを、デビューから約10年がたった今、あらためて行いたいと思います。

ご興味のある方は、購入検討時の参考にしていただけましたら幸いです。

▲こちらがフィアット 500(チンクエチェント)。1957年に登場した往年の名車の復刻版で、日本市場への登場は2008年3月。エンジンは0.9Lから1.4Lの3種類が用意され、基本となるトランスミッションは「デュアロジック」というセミATです

▲こちらがフィアット 500(チンクエチェント)。1957年に登場した往年の名車の復刻版で、日本市場への登場は2008年3月。エンジンは0.9Lから1.4Lの3種類が用意され、基本となるトランスミッションは「デュアロジック」というセミATです

選択の方向性は大きく分けて3種類

で、いきなり結論めいた部分から始めますが、総額100万円以下で中古のフィアット 500(チンクエチェント)を狙う場合、その選択肢を大きく分けると下記の3方向となります。

●1.2 8V系にするか?

●1.4 16V系で行くか?

●ツインエア系を探すか?

「1.2 8V」というのは、排気量1.2Lの直列4気筒SOHCエンジンを搭載しているグレードで、最高出力は69ps。ちょい非力ですね。

この1.2 8Vの中でもエントリーグレードに相当するのが「1.2 8V ポップ」です。

ただしエントリーグレードといっても国産車の最廉価グレードとは違い、エアコンやパワステ、パワーウインドウ、オーディオ、全席エアバッグ・ABSなどはすべて標準装備となっています。

同じ1.2 8Vでも装備内容がより上級なのが「1.2 8V ラウンジ」で、こちらではフロントフォグランプやHIDヘッドランプ、トラクションコトロール、15インチアルミホイールなどが標準装備となります。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy