体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上品な梅の花に癒された、都心から気軽に行ける埼玉散歩~埼玉県嵐山町・滑川町編~

▲見頃を迎えた埼玉県の森林公園の梅林

▲見頃を迎えた埼玉県の森林公園の梅林

取材帰りに自然に癒される

3月のとある日曜日、取材で埼玉県中部を訪れた。時間もあるし、せっかくなら寄り道していこうと思い立ち、車を走らせた。

向かった先は嵐山町(らんざんまち)に位置する「武蔵嵐山渓谷」。渓谷の風景が京都の嵐山に似ていたため、「武蔵国の嵐山」という意味で名づけれたそうだ。

降り立ってみると、まだ少し肌寒いからか、人はまばら。しかし、渓谷を流れる清流・槻川(つきがわ)と岩畳、その周りの木々の風景はとてもきれいだった。

紅葉の時期がとても美しいそうなので、また秋に訪れたいなぁと思いつつ、その場をあとにした。

まだ少し時間があったので、梅がちょうど見頃だと聞いていた、滑川町と熊谷市にまたがる国営武蔵丘陵森林公園へ。

初めて訪れたのだが、東京ドーム65個分というあまりの広さにびっくり。公園内をすべて回る時間は到底なかったので、梅林のエリアに直行した。

駐車場から歩くこと10分ほど。梅林のエリアには約500本の梅が植わっており、白やピンク、紅色など色とりどりの花が咲いていた。

約120品種の梅が植わっているため、満開のものもあれば、まだ蕾が多いものもあった。

桜とは違い、見渡すかぎり満開の花、ではないのが梅の良いところ。小ぶりで上品な梅の花に癒された。

訪れたのは夕方4時頃だったが、梅林には座っておしゃべりを楽しむ家族やスマートフォンで写真を撮るカップルなどで賑わっており、1人で訪れていた筆者は若干寂しい気持ちに……。

今度は誰かと一緒に来ようと決め、帰路に着いた。

<今回散歩した車>

▲ホンダ フィット(現行型)

▲ホンダ フィット(現行型)

<今回散歩したルート>

【関連リンク】

この車を探してみるtext&photo/編集部 溝上夕貴

関連記事リンク(外部サイト)

日産 マーチ12SRの中古車を見てみる
絶滅危惧車のBMW 5シリーズ(E34型)を探してみる
この車を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。