体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オッティで過ごす15分間で、日々息子の成長を感じています

オッティで過ごす15分間で、日々息子の成長を感じています

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲やんちゃ盛りの4歳児を育てる25歳のシングルファーザーと日産 オッティを取材した

▲やんちゃ盛りの4歳児を育てる25歳のシングルファーザーと日産 オッティを取材した

1日たった15分。ルーティンだからこそ感じる成長

神奈川県にお住まいの坂本翔さん。まだ25歳という若さだが、男手ひとつで息子・暖人(はると)くんの子育てに励む、立派なパパだ。

そのため、マイカーは保育園への送り迎えや買い物など、主に日常の足として活用している。車は日産 オッティ。購入してから5年になる。

実を言うと、そろそろ軽自動車ではなく、オシャレなSUVなんかに乗りたいと思ったりもしている。

が、とりあえず壊れるまでは乗り続けよう、という気持ちの方が強い。

それは、実用面で特に不満がないからということもあるが、暖人くんがとても気に入っているからというのも理由のひとつだ。

暖人くんは取材中も自慢気に「一番カッコいい車は、パパのオッティ!」と話してくれた。

▲この日は暖人くんが大好きな「仮面ライダー」のショーを見るため、遊園地へ。1時間以上のドライブだったがゴネる様子もなく終始ゴキゲン。リュックに詰めてきた変身ベルトの効果もあるかもしれないが、大好きなオッティのパワーもあるだろう

▲この日は暖人くんが大好きな「仮面ライダー」のショーを見るため、遊園地へ。1時間以上のドライブだったがゴネる様子もなく終始ゴキゲン。リュックに詰めてきた変身ベルトの効果もあるかもしれないが、大好きなオッティのパワーもあるだろう

オッティは、暖人くんが生まれた時から坂本家にあった。生まれて初めて乗った車も、このオッティだ。

“男の子あるある”だが、物心ついてからはトミカや絵本で車に興味を持ち、「ランボルギーニ!」「アヴェンタドール!」などと、スーパーカーには特に詳しくなったそうだ。それらの車が好きで、実車の展示を見に行ったこともある。

でも一番カッコいいのは、「パパのオッティ」なのだ。

4歳の彼に「どうして?」と聞いても、それといって確かな理由は教えてもらえないのだが、パパにとってこんなに嬉しいことがあるだろうか。

▲暖人くんはいつも楽しそうにチャイルドシートに腰かける。最近は、パパが好きで流している音楽を覚え、口ずさむことも

▲暖人くんはいつも楽しそうにチャイルドシートに腰かける。最近は、パパが好きで流している音楽を覚え、口ずさむことも

そして翔さん自身も、オッティで過ごす時間が気に入っている。

出勤前に保育園へ送り、退勤後にお迎え、そのまま一緒に帰宅するというルーティン。近所の保育園なので、行き帰り合わせても15分程度の道のりだが、このわずかな時間でも、暖人くんの成長をひしひし感じるのだそうだ。

Photo:早川佳郎 Photo:早川佳郎
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。