体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「里帰り出産」私は体が休まったけれど、夫にとってはデメリットも…

f:id:akasuguope01:20171212162656j:plain

私が上の子を出産する1 年ほど前、義理の妹が実家に産後約3カ月間、里帰りをしていました

この様子をみていたため、私も夫も里帰り出産を当たり前のように思っていました。

私が妊娠した際、近所の友人に里帰りすることを伝えると「旦那さん1人で大丈夫なの?」と言われました。

ですが、私はこの点は心配していませんでした。うちの主人は大学時代に1人暮らしを経験していたからです。

ただ、できるだけ不便に思うことがないように、里帰りする前にレトルト食品を買い込んでおいたり、シャンプーや歯磨き粉などの日用品がなくならないように補充しておきました。 関連記事:家事ができない夫もがんばった! 里帰り出産は夫婦お互い成長する貴重な経験に

うちの場合、自宅から実家までの距離は車で約2時間。行き来できない距離ではありません。ですので、主人は最初「週末は毎週赤ちゃんに会いに行く」と言っていました。

でも、実際うまれてみると違かったのです。

「今週は用事ができた」と来られない時も多く、赤ちゃんに会いに来たのは2~3週間に1度くらいでした。

「自分の子なのに会いたくないのかな…」と正直なところ私は不満に思いました。

でも主人にとっては、仕事の合間の貴重な休みで、たまにはゆっくり寝ていたいというのもあっただろうし、せっかく2時間かけて会いに来ても、まだ新生児でほとんど寝ているだけ、話しかけても反応の薄い赤ちゃんに対して、「どうしていいか分からない」という戸惑いが大きかったようです。

里帰りは私にとって、産後の体を休めらるというメリットが大きかったのですが、主人にとっては、赤ちゃんに慣れることができず、父親になった実感というものをなかなか感じられなかったというデメリットもあったのかなと思っています。

関連記事:里帰り出産。自宅で留守番中だった夫も一緒に実家でお世話になることに

この経験から、自宅に戻ってからはなるべく主人が家にいる間は赤ちゃんと触れ合ってもらうようにしました。

おかげで、赤ちゃんが成長してくると、よく相手をして赤ちゃんを笑わせてくれたり、お世話も積極的にしてくれるいい父親になりました。

里帰り中はなかなか会いに来てくれなくて不安なときもありましたが、今は赤ちゃんのいる生活に慣れてくれて本当によかったです。

f:id:akasuguope01:20171212161555j:plain

著者:koge

年齢:36歳

子どもの年齢:5歳、0歳8ヶ月

二人の女の子がいるアラフォーママです。下の子の成長は本当にあっという間に感じます。今は後追いと夜泣きに悩まされる日々です。最近、上の子の幼稚園の一人っ子のママたちが働き始めたりしていて、ちょっと焦る気持ちも出てきています。今のうちに何か資格でも取っておいた方がいいのかな、と考え始めています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

旦那の実家で里帰り出産。義母が握ってくれたおにぎりと手紙に号泣
家事ができない夫もがんばった! 里帰り出産は夫婦お互い成長する貴重な経験に
里帰り出産の大誤算!実母と旦那が不仲で産後のストレスMAX!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy