体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

単語も増えてきて面談終了…と思っていたら、次は落ち着き?「見守りだけでなく手助けを」 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。

息子が1歳10ヶ月のとき、言語聴覚士さんとの2回目の面談がありました。 関連エピソード:「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア

息子はこの時点でだいぶ単語が増えてきて、「ワンワンいた」などの2語文も少しずつ出始めていたので、私は「もうこれは全く問題なしということで面談終了になるだろうな~」と完全な楽観モードでした。

が……

f:id:akasuguedi:20180315133423p:plain

私とSTさんが話している間、息子は同じ部屋で保健師さんに遊んでもらっていたのですが、 STさんはその様子が引っ掛かったようなのです。つまり、息子が次から次へとおもちゃを替え、部屋の中をウロウロ歩き回るという落ち着きのなさが、どうも気になると。

確かに言われてみれば、児童館でも公園でも息子は「一つのおもちゃや遊具でじっくり遊ぶ」ということが ほとんどありませんでした。

f:id:akasuguedi:20180315133601p:plain

電車や車が大好きなのに、数分もすれば他のおもちゃに目移りして動き出してしまう。それに先生が絵本や紙芝居を読んでくれる時間も、他の子達がお話に夢中になっている横で 息子だけ走り回っていたり……。

でも子供なんてそんなものだと思っていたんですよね。

だって、私だってたくさん漫画があるお店に行くと 「え~どれにしようかな~! これと~、あとこっちも~!」とソワソワしてしまうし、大人でもそうなんだから1歳や2歳の子に「一つのことにじっくり打ち込む集中力」がなくたって、別に心配するようなことでもないだろうと。

実際、STさんが言いたかったのは「落ち着きがないからおかしい! 変だ!」ということではなく、「この月齢ならもう少し落ち着きがあってもいいはず。 ただ見守るだけじゃなく、少しだけ手助けをしてあげましょう」ということのようでした。

そこで教わった具体的に手助けする方法としては、

①おもちゃの遊び方指導

f:id:akasuguedi:20180315133655p:plain

うちの息子の場合、一つ一つのおもちゃの遊び方・楽しみ方を十分に発見できていないのでは?という疑惑がかかりました。つまり「どうやって遊ぶのか分からない。これ何が楽しいの?→つまらない! 次!」となってしまってるようだと。

好きなように遊ばせるのももちろん大事ですが、自分で色々と試す前に飽きてしまう息子のような場合は、 親が「おもちゃの遊び方指導」を根気よく行ってみるのも手だそうです。

②静かに待つことのメリットを実感させる

f:id:akasuguedi:20180315133750p:plain

お話会などではじっとしていれば楽しいお話が聞ける、先生が手遊びを教えてくれる、外食時には美味しいものが食べられるなど、(状況に応じて)大人しくしていれば良いことがあるんだ!と自分で体験できれば、率先して座るようになるかも?とのことでした。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy