体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

専門学校への進学、経済的な計画も大事!

 

行きたい専門学校の学科や科目、建物や雰囲気は調べていても、「学費はしっかりチェックできていない」という人は意外と多いのでは?

 

「専門学校の学費は大学よりも安いだろう」というイメージがあるけれど、そうとは言い切れないのが最近の傾向のよう。ひと昔前に比べ、教育内容・設備ともに充実している専門学校が増えていることから、1年間にかかる学費は大学と変わらない、ということもあるのだ。

 

また、学ぶ分野ごとに必要なお金に差が出てくることも、事前に確認しておきたいポイント。

 

目指す分野の学費をチェックし、経済的な計画をしておくことは進路決定においてとても大切なプロセス。

 

ここで一緒に学んでみよう!

 

進学コース別学校給付金

※専門学校の初年度の学費は平均だと私立文系大学と同程度

※合計は、大学:4年間 専門学校:2年間 で算出

※国立大学は平成28年度の標準額、私立大学は平成26年度入学者の初年度納付金の平均額の調査(文部科学省)

専門学校は平成28年度昼の東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べから作成(すべて昼間部)

 

専門学校の『学費』って何が含まれるの?

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

『学費』に含まれる代表的なものは、①入学金 ②授業料 ③実験・実習費 ④施設・設備費など。

 

入学金を含めた『初年度納付金』の平均総額は124万円(※東京都内の専門学校の場合)という結果が出ている。

 

また、学費のほかに一時的にかかる費用としては、入試に当たっての『受験料』(選考料)がある。こちらは1校あたり2万~3万円程度となるものの、学校や学ぶ分野によって違いがあることと、複数校を受験する場合はある程度まとまった金額が必要になることを頭に入れておこう。

 

学びたい分野の、必要となる学費をチェックしよう!

 

初年度納付金とは、入学1年目に学校側に支払う学費の合計。

 

専門学校では学ぶ内容によってかかる費用が大きく変わるため、注意が必要になる。 

 

例えば、同じ医療関係でも『看護』が平均90.8万円(※)なのに対し、『理学療法、作業療法』は平均171.6万円(※)。なんと倍近くも違ってくるのだ。

 

また、分野ごとに見ると、『医療関係』『衛生関係(栄養、調理)(製菓)』『文化・教養関係(音楽、演劇、映画、放送)』は初年度納付金が全体平均よりも高い傾向に。

 

これらの分野は実習が多く、実習に必要な設備・機材にお金がかかるため、『実験・実習費』『施設・設備費』が高めに設定されることが多いからだ。

 

ちなみに、以下で紹介しているものは入学年度にかかる学費の合計であり、授業料や実習費・設備費などは2年目以降も支払うことになる。

 

2年目以降の学費がいくらかかるのかは、希望校をそれぞれチェックしておこう。

 

※平成28年度 昼間部 東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べ

 

分野別にチェック/初年度納付金の平均額(1年めにかかる学費の平均)

工業・農業関係の学費

 

工業・農業関係の学費

コンピューター・IT関連のプログラマやシステムエンジニア、デジタルコンテンツのクリエーター、建築士や自動車整備士など、ものづくりを支える人材を養成する分野。

<土木・建築、測量>

入学金19.2万円 授業料69.3万円 実習費4.7万円 設備費26.5万円 その他3.3万円

合計122.9万円

 

<自動車整備>

入学金25.9万円 授業料46.7万円 実習費28.5万円 設備費24.6万円 その他8.8万円

合計132.0万円

 

<情報処理・IT>

入学金15.5万円 授業料61.1万円 実習費12.4万円 設備費27.1万円 その他2.9万円

合計119.0万円

 

<電気・電子、機械、その他>

入学金14.7万円 授業料62.7万円 実習費9.6万円 設備費28.7万円 その他1.4万円

合計117.0万円

 

<ゲーム・CG>

入学金18.7万円 授業料63.6万円 実習費15.1万円 設備費35.5万円 その他1.2万円

合計134.0万円

 

<バイオテクノロジー、その他>

入学金18.0万円 授業料54.2万円 実習費11.2万円 設備費35.1万円 その他3.6万円

合計122.1万円

 

専門学校に必要な学費はいくら?入学金から授業料まで、学びたい分野別にチェック!

 

医療関係の学費

看護師や、医師と歯科医師・獣医師を除くさまざまな医療スタッフを養成する分野。

<看護>

入学金16.3万円 授業料58.5万円 実習費4.3万円 設備費8.1万円 その他3.7万円

合計90.8万円

 

<臨床検査、診療放射線、臨床工学>

入学金19.2万円 授業料77.3万円 実習費28.2万円 設備費13.3万円 その他0.4万円

合計138.4万円

 

<理学療法、作業療法>

入学金34.0万円 授業料89.2万円 実習費22.0万円 設備費26.4万円

合計171.6万円

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。