体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方

乃木坂46の1期生として活躍し、2017年の12月にグループを卒業した伊藤万理華さん。

 

大人数のグループの中で、ひと味違ったオシャレなファッションセンスを披露したり、PVで圧倒的な魅力を発揮して話題になったりと異彩を放ってきた。

 

そんな彼女が思う「個性のみつけ方」とは?

 

 

 

乃木坂46に入る前は、自分の個性がわかりませんでした

乃木坂46に入る前は、自分の個性がわかりませんでした

 

高校2年生のとき、乃木坂46のオーディションに合格してアイドルになった伊藤さん。もともと、アイドルになるのが夢だったの? 「私、中学生のころはモデル系の事務所に入っていたんです。

 

でも、モデルになりたかったわけでもなくて…。

 

お父さんがグラフィックとか雑誌のデザインとかの仕事をしていた関係で、なんとなく事務所に入ったんです。

 

だから当時は、自分でも『何がしたいのか』『何をしたらいいのか』よくわからなくて、オーディションを受けてもひたすら落ち続けていましたね。

 

正解がわからないから周りの子のマネをするしかなくて、自分の個性も目指しているものもまったくわからない状態でした」

そんな中、乃木坂46のオーディションを受けることになり、初めて“野心”が芽生えたという。

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方
「とにかく私、あがり症でオーディションになると全然しゃべれなくなっちゃうんですよ! 自分でもびっくりするくらい(笑)。

 

でも、乃木坂46のオーディションは奇跡的に書類と面接を突破して。

 

で、3次審査がダンスだったんです。

 

私、昔からクラシックバレエをやっていたので『これだけはどうしても受かりたい!』って、このとき初めて野心が出てきて。

 

どうすれば受かるのかはわからなかったけど、とにかく『受かりたい』っていう気持ちだけは強かったです」

自信があったはずのダンスにショック…!でも「好きだからこそ伸ばしたい」

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方

 

初めて強い意志で挑んだオーディションの結果は、みごと合格! アイドルとしての道を歩み始めることに。
「合格したときはビックリしてすごくうれしかったんですけど、今までアイドルっていうジャンルにまったく関心がなかったので『自分が(アイドルに)なっちゃった…』『歌えないしどうしよう』っていう不安も大きかったです」

唯一、自信をもてるのはダンスだけ。

 

でも、ダンスレッスンが始まってすぐに大きなショックを受けたという。
「レッスン風景を録画した動画を見たとき、『1人だけ新体操っぽい子がいるな~』って思ったら、それが自分だったんです(笑)。

 

手足の動きがやたらフニャフニャで『私ってこんなにダンス下手だったの!?』ってすごくショックでしたね。

 

でも、初めて自分を客観的に見て『人からはこういうふうに見えてるんだ』って知ったので、そこからは改善するようになりました。

 

ダンスは好きだったからこそ、『このグループの中でパフォーマンスを武器にしたい』って思っていました」

“好きだからこそ、伸ばしたい”。そう思えたという伊藤さん。

 

元・乃木坂46の伊藤万理華さんに学ぶ!個性のみつけ方&伸ばし方
1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy