体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

途上国から優秀な学生がやって来る! ODAで取り組む「留学生受け入れ」支援とは?

最近、コンビニやファミレスで外国人の店員さんを見かけることが増えてない?

 

実は、みんなと同じ10代で、外国から来た留学生がバイトしていることも多いみたいなんだ。

 

調べてみたら、ここ数年で外国人の留学生が大きく増えていることがわかった!

 

日本で学ぶ外国人留学生の数は26万人強(2017年5月1日現在)。

 

2013年は16万人強だったから、4年間で約10万人も増えたことになる(※1)。

 

ちなみに、日本人の18歳人口は約120万人(※2)。

 

日本が今、世界の学生から留学先として注目されているんだ。

 

そのなかで、日本政府が奨学金を提供して外国人が日本の大学などに留学することを支援する制度があった。

 

いったいどんな支援をしているんだろう?

 

それと、何で支援をしているの?

 

そこで、外務省 国際協力局 政策課の佐藤崇子さんにお話をうかがった。

 

1.ODAでも留学生の受け入れ制度があるの?

2.ITやAIを専攻するアジアの学生が日本に来る!

3.留学生が来ると、高校生にどんなメリットがあるの?

4.留学生の受け入れは、さまざまな人・機関との連携が必要

5.インドの留学説明会での忘れられないエピソード

6.高校生の皆さんへ

ODAでも留学生の受け入れ制度があるの?

途上国から理系の学生がやって来る!ODAで取り組む「留学生受け入れ」支援とは?

 

佐藤さんが働いているのは、開発途上国の発展を主な目的とする、ODA(政府開発援助)の政策にかかわるところ。 「ODAでは実にさまざまな開発協力を行っています。

 

よく知られているのは道路や鉄道、水道設備、病院や学校の設立など、インフラ(経済や福祉の発展を支えるための社会基盤)をつくる援助でしょうか。

 

途上国の持続的な発展につなげるには、さらに、こうした施設や機材を管理し、運営できる人も必要です。

 

ODAでは途上国で望まれている技術や日本の制度を学ぶ人材を育てる支援を行っています。

 

これは途上国自身が自立して発展していくことに貢献する、日本ならではの援助で、誇れる伝統であり強みです」

そんな人材育成支援のひとつが、留学生受け入れ事業。

 

外国人に「日本で学ぶ機会を提供する」事業は外務省だけではなく、他の省庁でも取り組んでいる。

 

そのなかには、大学・大学院での教育に加え、企業や省庁などでのインターンシップ(就業体験)や視察の機会を提供するプログラムもある。 「ODAの留学生受け入れ事業は、主にその留学生の国(途上国)の開発と、その国と日本との外交や経済関係の強化に貢献してくれると見込まれる人材を対象にしています」

さらに佐藤さんはこんな解説をしてくれた。 「『情けは人のためならず』ということわざがありますよね。

 

これは、『情けをかけるのは人のためだが、最終的には巡り巡って、自分に戻ってくる』という意味です。

 

もう、このシリーズの読者ならODAにはそのような期待や効果があることはご存じですね。

 

これはODAの留学生受け入れ事業にも当てはまり、途上国の発展を進める人材づくりに貢献するだけではなく、日本のためにもなるのです」

ITやAIを専攻するアジアの学生が日本に来る!

途上国から理系の学生がやって来る!ODAで取り組む「留学生受け入れ」支援とは?

※インドで行われた『イノベーティブ・アジア』事業の説明会の様子。事業内容の説明に熱心に耳を傾けるインド人学生

 

では、外務省ではODAでどのような留学生受け入れ事業を行っているんだろう?

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。