体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門学校を中退してしまう理由は?後悔しないための学校の選び方

就きたい職業への選択肢として、専門学校に進学することを決めた!という人がこれからしなくてはならないのは、どの専門学校に進学するのか決めること、または希望している専門学校で本当に大丈夫なのかをじっくり検討すること。

 

美容、医療、ビジネス、観光、保育など進みたい分野は決めていても、該当する専門学校がたくさんありすぎて、どう選ぶべきか決められない人も多いのではないのだろうか。

 

専門学校の学びは高校の学びとはガラリと変わる。

 

多くはたった2年間で、社会人として即戦力となる力を身につけることを求められるからだ。

 

専門分野に特化した授業や、国家資格取得のための授業、実技実習、さらには臨床自習など、多くの専門学校の生活はかなりハード。

 

 

専門学校を中退してしまう理由は?後悔しないための学校の選び方

 

専門学校を中退する理由で最も多いのが「ミスマッチから来る学業不振」。

 

イメージとして、専門学校は大学に比べて学習が難しくないと思われがちだが、専門学校は「プロ」を養成するための学習。

 

強い意志を持って臨まないと、「こんなはずじゃなかった!」と入学後に驚く可能性もある。

 

そんな事態に陥らないために、どのように専門学校を選べばいいのか。

 

東京都立昭和高校進路部の先生で、専門学校への進学について詳しい、西村和美先生にチェックポイントを教えてもらった。

 

入学後に「辞めたい…」と不安にならないようにするのはもちろん、入試対策のためにもしっかり最終チェックをしておこう!

 

専門学校を中退してしまう理由は?後悔しないための学校の選び方

 

 

チェックポイント1 分野について

原則として一日中専門分野のことばかりとなるので、興味があることが大前提!

 

また、短期間で資格取得を目指す学科は特に、勉強もハード。

 

本当に強い意志でその職業に就きたいという希望があるのかどうかを再確認しよう。

 

 

チェックポイント2 授業内容について

ミスマッチや学業不振で中退してしまったら…と不安にならないように、授業内容や学習のサポート体制など自分の希望とレベルに合っているか、事前に確認しておこう。

 

学校によっては補習などのサポートが充実していたり、放課後にも設備を開放して自習できる環境が整っていたりするので、先輩たちがどうやって学んでいるか、具体的に聞いてみるのがオススメ。

 

専門学校を中退してしまう理由は?後悔しないための学校の選び方

 

<具体的なチェックポイント>

・その学校ならではのカリキュラムの特徴。

 

他校に比べて何が違うかをよく見てみよう。

 

・1週間の時間割例を見せてもらい、密度はどのくらいかをチェック。

 

基本的には、密度が濃く十分に授業を行っている専門学校のほうが充実度は高い。

 

・少人数制や担任制度があるか。

 

実習が多い場合や、学習・就職のサポートを期待している場合は特に、あったほうがオススメ。

 

・課題の内容や量は十分か。わからないところのフォローはあるか。

 

・放課後の補習・復習のサポート体制。

 

自習などで教室や設備を使わせてもらえるか、学校は何時まで残ってよいか聞いてみよう。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。