体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【関西】発表!憧れの「ラグジュアリーホテルランキング2018」

大阪マリオット都ホテル

非日常空間で、優雅なひとときを過ごしたい!そんなときに選びたいのは、ラグジュアリーホテル。特別な滞在を演出する仕掛けが詰まっています。

今回は、じゃらん編集部が実施している2017年度のアンケート(ラグジュアリーブランドホテル調査)の結果をもとに、関西エリアのラグジュアリーホテルランキング2018をご紹介します。

歴史や伝統に育まれたおもてなしや、食事の時間を優雅に演出してくれるレストランなど、それぞれのホテルが人々を惹きつけてやまない理由を探ってみよう。

記事配信:じゃらんニュース

泊まってみたい憧れのホテルランキング

関西エリア

1位 ザ・リッツ・カールトン大阪

2位 リーガロイヤルホテル(大阪)

3位 ホテルオークラ神戸

4位 帝国ホテル 大阪

5位 神戸メリケンパークオリエンタルホテル

6位 ヒルトン大阪

7位 ザ・リッツ・カールトン京都

8位 神戸北野ホテル

9位 ウェスティン都ホテル京都

10位 ホテルグランヴィア京都

11位 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

12位 リーガロイヤルホテル京都

13位 ウェスティンホテル大阪

14位 ハイアット リージェンシー 大阪

15位 ホテルニューオータニ大阪

関西エリアは、昨年同様「ザ・リッツ・カールトン大阪」が1位に選ばれた。「リッツ」の歴史も帝国ホテルと同様に長い。1898年にパリでオープン、ヨーロッパ志向の高級ホテルとして今や世界中に展開する勢いだ。贅を尽くした内装はもちろん、「顧客をもてなす従業員こそ紳士・淑女たれ」という創業以来の価値観が徹底されているという。

長い歴史の中で培われた「ホスピタリティ」、これこそ世界中のゲストを魅了する理由に違いない。

顧客をもてなすホスピタリティ

ゲストがより快適に滞在できるよう、最近多くのホテルが手掛けているのが特別フロア。「クラブフロア」や「エグゼクティブフロア」などと呼ばれ、特別フロアのゲスト専用ラウンジやコンシェルジュサービスなどが充実する。

ザ・リッツ・カールトン大阪【大阪府/梅田】

「ホテルの中のホテル」で最上級のホスピタリティを。

ザ・リッツ・カールトン大阪朝食やアフタヌーンティーなど、軽食や飲み物が自由にいただける。大阪伝統の味「押し寿司」や日替わりオードブルもザ・リッツ・カールトン大阪2つの大きな窓を備えた角部屋からは市内2方向の眺望が(クラブデラックス/51平方メートル~)

2017年5月に新しいクラブラウンジがオープン。ゆったりとしたソファの配されたリビング・エリアや、バー・エリア、フード・プレゼンテーション・エリアなど5つに分かれた空間で、専属コンシェルジュによるパーソナルなおもてなしを受けられる。 ザ・リッツ・カールトン大阪

「ザ・リッツ・カールトン大阪」の詳細はこちら

顧客に愛されるメニュー

一流のホテルには一流のレストランが存在するもの。ゆったりした空間や洗練されたサービスが、特別な人との食事を優雅に演出してくれる。多くのゲストが愛してやまないホテル自慢の一品をぜひ。

ホテルニューオータニ大阪【大阪府/大阪城公園】

和洋中が約100種類並ぶスーパーブレックファスト。

ホテルニューオータニ大阪パンやシリアルも豊富。点心は蒸したて、讃岐うどんはゆでたてを提供ホテルニューオータニ大阪パンケーキや海外で人気のスーパーフードも
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy