体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すべて一点もの!カンディハウスのヴィンテージ&アウトレット販売会、今週末から

VINTAGE_OUTLET_FAIR_01

会期中は商品を随時入れ替え

2018年2月24日(土)から3月25日(日)まで、東京・五反田の「カンディハウス五反田ショップ」にて、「VINTAGE & OUTLET FAIR」が開催されます。

カンディハウスのヴィンテージ製品とアウトレット製品が通常より多く展示される販売会。店頭に並ぶ家具はすべて現品限りの一点もので、会期中は随時入れ替えが行われます。

ヴィンテージ製品は、1968~93年に販売された「Hock」をはじめ、旧ブランドのユーズド製品に手を掛けて修理・再生。長く愛されるものづくりをモットーに、良質な素材を使用しているカンディハウスの家具だからこそ取り扱いが可能なアイテムで、新品では出せない特有の風合いが人気です。

またアウトレット製品は、仕様変更などにより廃番となった型や、店頭で展示されていたアイテムで、お買い得な特別価格での提供となります。

ヴィンテージ・アウトレット製品の一部は、オンラインショップやカンディハウスの北海道にあるショップでも販売されていますが、幅広い種類の実物を一度に見てとることができるのはこちらのフェアのみ。さらに3月16日(金)から18日(日)までは「TOC五反田 徳の市」にも参加します。

随時入れ替わる一点ものと出合いに、足を運んでみてください。

▽販売製品一例

VINTAGE_OUTLET_FAIR_02 畳を思わせる座面と背面の格子が特長の「ハナコ」シリーズの「リビング ソファーベッド(ヴィンテージ)」。グレーの布に張り替え、内部のウレタンも交換しています。 VINTAGE_OUTLET_FAIR_03 身体を包み込む彫刻的なフォルムが特長の「エミール L アームチェアー(アウトレット)」。工芸的なつくりを表現した中村昇氏のデザインです。 VINTAGE_OUTLET_FAIR_04 アイヌ語で「雲・空(nisoru)」が由来のリビングモデル。フレームは北海道産のサクラ材を丸く削り出したデザインが特長です。「ニソル リビング アームチェアー(展示アウトレット)」 VINTAGE_OUTLET_FAIR_05 人の骨格を支える発想から生まれた高機能でスタイリッシュな「エクリプス」シリーズの「エクリプス リビング 3Pソファー(塗装色廃番によるアウトレット製品)」。座の硬さや腰クッションの厚みと位置、背の高さと角度などにこだわり、これまでにない掛け心地を実現。

VINTAGE & OUTLET FAIR

会期:2018年2月24日(土)~3月25日(日) 11:00~18:30

※水曜定休(祝日の場合は営業)

会場:カンディハウス五反田ショップ

※展示品の一部はオンラインショップでも販売 http://vintage.condehouse.co.jp/index.html

詳細:https://www.condehouse.co.jp/news/condehouse-news/vintage-outlet-fair/

TOC五反田 徳の市

展示入れ替え品・ヴィンテージ製品・アウトレット製品を特別価格で販売。

会期:2018年3月16日(金)から18日(日) 10:00~18:30

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

什器もセール対象! BRICK & MORTAR大幅リニューアルに伴う「断捨離セール」開催
天童木工のアウトレットセール! 東京・大阪ショールームで
“言い値制度”を採用したユニークなアウトレット「売り切れ御免!雑貨市」開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。