体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンダースキーマが手がける「re_creation」のエキシビション開催中

henderscheme-recreation_01

シボネ15周年のレザーラグも

2018年3月13日(火)まで、東京・青山のCIBONE Aoyamaと恵比寿の「スキマ」にて「re_creation /// Hender Scheme」展が開催されています。

Hender Scheme(エンダースキーマ)は革小物を中心としたプロダクトを展開するブランド。2010年の秋冬シーズン以降、年2回ずつコレクションを発表し続けています。

エンダースキーマの本ラインとは別に、「re_creation」ではシーズン・場所・コレクションといった枠を超えて、実験的・不定期にプロダクトを発表してきました。「改造・再構築」、「娯楽・楽しみ」という意味をもつタイトルの通り、既存のものにアイデアを加える二次創作的な手法でリ・クリエイトされたアイテムがリリースされています。

re_creationのアイテムがエキシビション形式で紹介されるのは今回が初めてで、旗艦店スキマでの展示のほか、CIBONE青山にもプロダクトが揃います。家具を中心に工業製品、デザイナーズ、ヴィンテージなど様々な由来のものがエンダースキーマの視点で生まれ変わりました。

会場ではこれまでも展開していたre_creationのアイテムのほか、エンダースキーマのシーズンコレクションもラインナップ。楽しみが詰まった品々が揃います。また、シボネ青山ではCIBONE15周年の際に製作したレザーラグの展示販売も行われるそう。

卓越したデザインセンスとユニークな視点でいつも小さなサプライズをくれるエンダースキーマ。今回のエキシビションも見逃せません。シボネ青山では3月13日(火)まで、スキマでは2月末日までの開催です。

henderscheme-recreation_02 henderscheme-recreation_03 henderscheme-recreation_04

re_creation /// Hender Scheme

「CIBONE Aoyama」会場

会期:2018年2月14日(水)~3月13日(火) 11:00~21:00 ※会期中無休

「スキマ」会場

会期:2018年2月14日(水)~2月28日(水) 14:00~20:00 ※不定休

住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-20 長谷川ビル 1F

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

西日本最大規模の人気骨董市「京都アンティークフェア」開催
什器もセール対象! BRICK & MORTAR大幅リニューアルに伴う「断捨離セール」開催
ミナ ペルホネンが6日限りの「小さなデパート」をオープン! 特別アイテムも登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。