体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

姿を消した民藝品が50点以上「ヨーロッパの陶器展」、原宿・BATHHOUSEで開催

bathhouse_european_pottery_002

暮らしの変化とともに姿を消した民藝品の数々

2018年3月1日(木)から11日(日)まで、東京・原宿の「Swimsuit Department(スイムスーツ デパートメント)」が運営するヴィンテージ雑貨店「BATHHOUSE(バスハウス)」にて、「ヨーロッパの陶器展」が開催されます。

時代が進むとともに姿を消したヨーロッパの古い陶芸品が一堂に会する展示販売イベント。壺類を中心に、花瓶や食器など、Swimsuit Departmentがセレクトした陶器50点以上が並びます。

その中のひとつ「ボティホ」は、南欧では古くから現地に根付いていた水飲み用の壺。景色の一部となっていた美しい日用品でしたが、水道の普及によって需要がなくなり瞬く間に衰退してしまいました。

今回のイベントに並ぶ陶器のほとんどが、ヨーロッパの長い歴史の中で培われた手仕事による日用品で、その地域ならではの気候や用途、文化などから生まれました。特徴的な形をしたものからカラフルに絵付けされたものまで姿形はさまざまです。

土着的で暮らしに密接したヨーロッパの民藝品の魅力をぜひ会場で間近にご覧ください。

▽会場に並ぶ陶器の一部

bathhouse_european_pottery_001 bathhouse_european_pottery_003

ヨーロッパの陶器展

会期:2018年3月1日(木)~11日(日) 13:00~18:00

※会期中は無休、アポイントメント不要

会場:BATHHOUSE/東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

西日本最大規模の人気骨董市「京都アンティークフェア」開催
什器もセール対象! BRICK & MORTAR大幅リニューアルに伴う「断捨離セール」開催
ミナ ペルホネンが6日限りの「小さなデパート」をオープン! 特別アイテムも登場

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。