体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「良い生活」を探る新マーケットイベント「第1回 Liver」開催

liver-nordiclifestylecraft_001

2018年3月24日(土)・25日(日) の2日間、東京・渋谷の国連大学中庭にて「第1回 Liver ーNordic lifestyle & Craftー」が開催されます。

「Liver(ライバー)」は、より良い生活を探り、家具、クラフト、アート、音楽、フードの出店者たちが集うマーケット。2015年からスタートしたNordic Lifestyle Marketと、2016年からスタートしたTokyo Craft Marketを統合したマーケットイベントとして新たにスタートします。

会場では物販ブースだけでなく、国連大学の屋内コミュニティラウンジにLiverのコンセプトを表現した「Craft Cafe(クラフト カフェ)」や出店者のプロダクトを素材と色にフォーカスしてセレクト&展示したスペースを設置。

クラフト カフェでは作家物の器をつかってフルーツサンドの食事会が催され、器が気に入ればそのまま購入してもOK。こうした「良い生活」のイメージを膨らませやすい企画があるのがLiverの特徴だそう。

これまでNordic Lifestyle Marketに合わせて発行されてきたライフスタイルマガジン『a quiet day』の第8号も販売。今回は北欧の起業家たちに焦点を当てた特集が組まれています。

毎週末のFarmer’s Market@UNUとの同時開催ですので、いつも足を運んでいるという方も、参加は初めてという方も、ぜひ気軽に訪れてみてください。

liver-nordiclifestylecraft_002 取扱店舗:aya ogawa handmade ceramics liver-nordiclifestylecraft_003 取扱店舗:Bellbet liver-nordiclifestylecraft_004 取扱店舗:LTshop liver-nordiclifestylecraft_005 特別ブース「Craft Cafe」

作家が作った器で食事を体験する「Craft Cafe」ワークショップ。Liverに参加している陶器作家のプロダクトやテーブルやチェアを中心に空間を作り、美味しい食事をしながら料理や器などのクラフトの話や遠く離れた北欧のライフスタイルなどの話をする体験型のワークショップ。当日使ったお皿は購入可能。当日のメニューは、同時開催しているファーマーズマーケットの出店者のフルーツを使ったフルーツサンドと、食事のシーン合わせたコーヒーをStockholm Roast Tokyoの加藤渉が提案します。

liver-nordiclifestylecraft_006
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy