体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「だから中小企業は面白い」元・大手企業勤務の社長が目指した“代えがきかない”会社

「だから中小企業は面白い」元・大手企業勤務の社長が目指した“代えがきかない”会社

2001年まで、大手企業の下請け仕事だけをこなしていた大分デバイステクノロジー株式会社。父の後を継いだ2代目社長の安部征吾は、ITバブルの崩壊をきっかけに新たな道を模索し、今やパワー半導体の最新技術を生かした製品づくりに取り組んでいます。不屈の思いを胸に秘め、社員と共に歩んできた安部のストーリーをお届けします。

※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。

大手企業の下請け会社を、ファクトリーからカンパニーに変える

f:id:kashiemi:20180220152210j:plain

大分市にある当社は、1970年に東芝の協力工場として操業開始。主に、半導体製造の後工程とよばれる部分を担い、量産してきました。

代表取締役の安部征吾は、大分市内で生まれ育ちました。創業者である父から「跡を継げ」と言われることは一度もないまま、大学進学を機に上京。卒業後は、東芝に半導体の技術職として入社して、仕事にやりがいを感じていました。

しかし30歳のとき、休暇で帰省した安部は、父の部下にこんな言葉をかけられたのです。

「会社の経営が悪化しています。跡を継いでもらえませんか」

当時、半導体の業界全体が厳しい状況でした。しかし、自分は求められている――。そう強く感じた安部は、自分の生き方を深く考えた末、地元に戻ることを決意しました。

入社後は、品質技術部長として、本社工場の新設を任されることになります。

安部 「いざ入ってみると、当社は工場という感じで、指針がなく組織としての体制も整っていない。ファクトリーをカンパニーにしなければならないと考え、各部門の軸となる人材を採用し、会社の骨格づくりを進めました」

そんなある日、父が体調を崩し、安部が社長業を代行することになりました。

安部 「私は技術者で、経営に関する知識も経験もなかったので、途方にくれました。でも、状況は待ったなし。父やまわりの人たちに教わり支えてもらいながら、必死で会社のかじを取りはじめました」

ITバブルの崩壊をチャンスと捉え、ニッチな分野の新事業をスタート

f:id:kashiemi:20180220152223j:plain

2001年、安部が正式に社長に就任しました。奇しくもその年、ITバブルがはじけて大幅赤字に。波乱の幕開けとなりました。しかし、絶対にリストラはしないと決め、役員報酬のカットなどで乗り切りました。

さらに安部は、ほぼ100%東芝の下請けだった会社の在り方を見直し、それまで培った技術を武器に新しいことに挑戦する方針を打ち出しました。

それと同時に「株式会社KONIC」という社名を「大分デバイステクノロジー株式会社」に改名。社員みんなで出し合った候補の中で、一番人気の名前を採用しました。それは、会社をみんなで作っていくという安部の強い思いの表れでもありました。

新たにはじめたのは、半導体試作と開発サポートの事業です。

安部 「私が東芝にいたとき、試作や開発のサポートは外部にお願いしたらいいのにと思っていました。そこで、積極的にやりますと各方面にアピールして、受注を増やしていきました。大きな売上が出る事業ではないので、競合がいない分野。けれど、大手企業で試作を担うのは最先端にいるスーパーエンジニアで、そういう人たちとお付き合いすることで、当社にどんどん新しい技術や知恵が蓄積されていきました」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy