体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキないことを「デキる」と言ってしまうことは最大の“悪”であるーーマンガ「エンゼルバンク」に学ぶビジネス

デキないことを「デキる」と言ってしまうことは最大の“悪”であるーーマンガ「エンゼルバンク」に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコーナー。今回は、三田紀房先生の『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』の第15回目です。

『エンゼルバンク』から学ぶ!【本日の一言】

こんにちは。俣野成敏です。

名作マンガは、ビジネス書に勝るとも劣らない、多くの示唆に富んでいます。ストーリーの面白さもさることながら、何気ないセリフの中にも、人生やビジネスについて深く考えさせられるものが少なくありません。そうした名作マンガの中から、私が特にオススメしたい一言をピックアップして解説することによって、その深い意味を味わっていただけたら幸いです。

f:id:fujimine:20180227162105g:plain

©三田紀房/コルク

【本日の一言】

「月に石を投げても1億パーセント当たりっこない。それは絶対に不可能なことだ」

(『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』第3巻 キャリア19より)

龍山高校の英語教師だった井野真々子(いのままこ)は、10年目にして仕事に飽きてしまい、転職を決意します。井野は、かつて一緒に働いていた弁護士の桜木建二(さくらぎけんじ)に相談。桜木は以前、経営破綻の危機にあった龍山高校で教鞭を取っていた時期があり、東大合格者を輩出することによって当校を救った救世主でした。

井野から話を聞いた桜木は、転職エージェント会社の転職代理人・海老沢康生(えびさわやすお)を紹介。井野は海老沢の下でキャリアパートナーとして働くことになりますが・・・。

仕事には「頑張ればできることと、頑張ってもできないことがある」

50代の中堅工作機械メーカーの設計エンジニア・斉藤の転職を成功させようと、履歴書を添削していた井野。ところが、話を聞いてやってきた海老沢に咎められてしまいます。「そんなことをやっていても1円にもならない。なぜなら、ウチは大手とはいえ、扱っている求人は35歳までの若手が中心。50代エンジニアの求人は、ほぼゼロに等しいからだ」と。

「ウチの現状からすると、彼を就職させることはまずムリ。真実を言わずに、こちらの誠意だけで何とかしようとしても、かえって相手の時間を浪費させることになるだけだ」と海老沢は言います。

「月に石をぶつけようとしても、絶対にできない。ビジネスとは、できることとできないことを見極めて、できることをいかに最低限の時間とコストで達成させるか?だ」と話すのでした。

ビジネスとは「受けるか受けないか」の選択から始まる

海老沢の「できないことを『できない』と告げることは、非情なことでも何でもない」という言葉は、ビジネスの本質を突いています。人は、同情や誠意だけでは相手を助けることができません。どんなに言葉を尽くしたところで、具体的に相手を助ける術を持っていない限りはどうしようもない、ということです。

また、「大手企業といえども万能ではない」という言葉も、核心に触れています。これは、要は「すべての顧客の希望に応えることができる企業はない」ということを意味しています。よって、ビジネスをスタートさせる段階で、「相手の依頼が自分たちにとって可能か不可能か?」を正しくフィルタリングすることが肝心です。「仕事は入り口=受ける時が重要」だということです。

ですから、くれぐれも「売り上げが欲しいから」とか「何とかこの顧客をモノにしたいから」といった理由で、仕事を安請け合いしてはいけません。自分の時間が有限である以上、「いい仕事をしたい」と思ったら、「自分がより大きな貢献ができる仕事は何なのか?」「新たなチャンスにつながる仕事はどれなのか?」といったことも考えていく必要があります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。