体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

土屋太鳳×芳根京子、映画『累-かさね-』のポスタービジュアル&特報解禁

土屋太鳳×芳根京子、映画『累-かさね-』のポスタービジュアル&特報解禁

 人気コミック『累-かさね-』(講談社「イブニング」連載中)が実写映画化、土屋太鳳×芳根京子によるポスタービジュアルと特報映像が公開され(https://youtu.be/qhnBXU1Sso4)、そして豪華共演者である横山裕・檀れい・浅野忠信の出演情報が解禁となった。

 伝説の女優を母に持つ淵 累(ふち かさね)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた。一方、舞台女優・丹沢(たんざわ)ニナは、美貌に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す…。美醜をめぐる人間の業という究極の命題を描き出した『累‐かさね‐』は、息もつかせない展開にファンが急増。成功を手にしたように思えた矢先、彼女たちの意思と反して、転がるように堕ちていく人間模様に注目が集まっている。

 この累(かさね)とニナを、それぞれ『まれ』と『べっぴんさん』でNHK朝の連続テレビ小説に主演した土屋太鳳×芳根京子の2人が、口紅の力で “キス”をした相手と<顔が入れ替わる>という設定を踏まえ、1人2役(累&ニナ)=2人1役に挑戦。初共演の二人が、累(かさね)&ニナという二人の人物をそれぞれ演じ分ける。

 そして、この注目作に、豪華キャストが集結。ニナと累の二人に愛され、二人の対立を生むきっかけとなる新進気鋭の演出家、烏合零太(うごう れいた)を演じるのは、関ジャニ∞のメンバーとして音楽活動のみならず、バラエティ番組やドラマ、昨年は映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』で主演も務めるなど、マルチに活躍する横山裕。累の母で、その美貌と演技力から、“伝説の女優”の名をほしいままにしていた淵透世(ふち すけよ)を、宝塚歌劇団の娘役トップスターで一時代を築き、退団後も映画や舞台で活躍し続けている檀れい。淵透世の過去と口紅の秘密を知る元演出家で、累とニナを引き合わせ、顔の交換を提案して2人の人生を大きく変えていく羽生田釿互(はぶた きんご)を、『沈黙―サイレンスー』や『幼な子われらに生まれ』などの熱演も記憶に新しく、国内外で活躍し続けている実力派俳優浅野忠信が演じる。

 また、この度、この映画で初披露のビジュアルとなる第一弾ポスタービジュアルも解禁となった。テーマは“秘められたキス”。累とニナ、ふたりの少女がキスして顔を交換しようとするまさにその瞬間をミステリアスな雰囲気の写真で大胆に表現。さらに、顔の入れ替わり後のイメージも含め、時間の経過を一枚の平面ビジュアルで表現しています。ニナの女優としての輝きや存在感、累の顔の傷に象徴される劣等感が体現されているのはもちろん、顔を入れ替えるという異常な行為に走る狂気をふたりの表情で表現しており、大きな話題を呼びそうな一枚となっている。さらに、初解禁される特報映像では、土屋太鳳と芳根京子という、若手屈指の人気清純派女優が、前半の妖艶な雰囲気から一転、後半では激しく罵り合い、揉み合う衝撃の映像となっている。

◎出演者コメント
横山裕(烏合零太役)
「僕が演じる烏合の役柄は、舞台にかける一切妥協しない強い情熱を持っている演出家です。とっつきにくいタイプと思われがちですが、新星のニナが現れて心を揺さぶられていく姿が、とても人間らしくて僕自身も好きなキャラクターでもあります。ラブシーンに関しては、ここまでガッツリなのは今までになかったので、新しい経験をさせていただきました。
土屋さんと芳根さんの演技に対する熱量の高さ、本当に現場でひしひしと感じ、この映画『累』の世界観に皆さんも圧倒されると思います。朝ドラを主演したお二人の芝居熱と、俳優陣の化学変化を是非ともご期待ください。」

檀れい(淵透世役)
「私の演じる淵透世は伝説の女優として亡くなっている人間ではありますが、随所に透世を愛する人々の様子が描かれているので、彼女の存在の大きさを感じていました。透世は劇中、とても怖く、立ち位置、役割は本当にホラー的だな、と思いながら楽しく演じていました。美しさを求めるあまり起こる悲劇を是非楽しんでもらえれば、と思います。」

浅野忠信(羽生田釿互役)
「自分の演じた羽生田釿互は自分勝手な人物。「見たい」という欲求のためだけにふたりの少女を振り回している。でも、最終的に勝つのはだれなのでしょうね?土屋さん、芳根さんについてはとても豊かな才能を感じました。土屋さんは努力を欠かさないし、芳根さんは現場での吸収力がすごい。もし自分が女性に生まれて、彼女たちと同世代だったら、激しく嫉妬していると思う。その二人が一人二役、二人一役を演じているところはこの映画の一番魅力的なポイントだと思います。」

◎公開情報
『累-かさね-』
2018年9月7日(金)より全国東宝系公開
(c)2018映画「累-かさね-」製作委員会  (c)松浦だるま/講談社

関連記事リンク(外部サイト)

土屋太鳳×DISH//北村匠海(日本アカデミー賞新人俳優賞)青春コミック『春待つ僕ら』実写映画化
土屋太鳳、広瀬すずらからの誕生日祝いに感激 「みんなに出会えて本当に良かった」
三浦大知×土屋太鳳『SONGS』で初対談!「なぜ三浦大知のダンスは心に刺さるのか?」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。