体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三浦大知、中川晃教と千住 明がタッグ、恩田陸『蜜蜂と遠雷』コンサートシリーズ第2弾が決定

三浦大知、中川晃教と千住 明がタッグ、恩田陸『蜜蜂と遠雷』コンサートシリーズ第2弾が決定

 直木賞・本屋大賞を受賞した恩田陸原作『蜜蜂と遠雷』のコンサートシリーズ 【「ひかりを聴け」オーケストラコンサート~コトダマの音楽会part II~】の開催が決定した。

 本コンサートは、5月17日・18日、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて上演。中川晃教、三浦大知、木村優一らが東京フィルハーモニー交響楽団、ピアニストによる演奏で歌声を響かせ、千住 明が音楽監督・オーケストラ演奏の指揮を務める。更に豪華日替わりゲストも出演する予定となっている。

 本コンサートシリーズは、若きソリスト(音楽家)たちが奏でる歌と言葉、そして音をまるで旋律のように組み合わせた新しい形のシンフォニーによる音楽会。今年1月に上演された第一弾では、小説『蜜蜂と遠雷』が創りだした言葉の数々を歌と朗読で表現しながら、その旋律を立体的にピアノとオーケストラで表現し、大好評を博した。今回のPart2では、特に歌声に定評のある中川晃教、三浦大知、木村優一らアーティストたちが、蜜蜂と遠雷の作品から生まれた「月の光」「あなたが欲しい」(サティ)、「アベマリア」、「ひかりを聴け」と自身の作品を織り交ぜたオーケストラコンサートとなる。

◎公演情報
【「ひかりを聴け」オーケストラコンサート ~コトダマの音楽会Part II~】
2018年5月17日(木) OPEN 17:45 START 18:30
2018年5月18日(金) OPEN 17:45 START 18:30
Bunkamuraオーチャードホール
チケット:S席 9,000円、A席 5,800円

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞『蜜蜂と遠雷』、コンクール演奏のピアノ楽曲全集が1位
【ビルボード】4週連続第1位 NAXOS協力のもと実現した『蜜蜂と遠雷』作中楽曲コンピアルバム
【ビルボード】直木賞受賞『蜜蜂と遠雷』コンピが、クラシックチャートで3週連続1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。