体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動給餌器で時間外にカリカリを出す方法を発見した猫 延々と食べ続けてるところを激写される

自動給餌器で時間外にカリカリを出す方法を発見した猫 延々と食べ続けてるところを激写される

 家を頻繁に空ける猫の飼い主にとって、自動給餌器はありがたい存在。ドライフード(カリカリ)を出す量とタイマーをセットすれば、自動的にセットした分だけカリカリが出てくるので、食べ過ぎしやすいタイプの猫にとっては食べ過ぎ防止にもなる頼もしい存在。ですが、そのカリカリを好きな時に出す方法を発見してしまった猫ちゃんが話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この猫ちゃんは、ツイッターユーザーの六さんが飼っているニール君。人見知りなところもあるけど大人しくお利口さんな男の子です。そのニール君、ある日どうやら気が付いてしまったようです。自動給餌器の出てくる部分に手を突っ込むとカリカリが転がり落ちてくる事を……。出口に手を突っ込んでは一粒食べ、また手を突っ込んでは一粒……と延々と繰り返しているニール君を飼い主の六さんは見逃しませんでした。
 
 「【悲報】猫、自動給餌器の裏技を発見。」とその様子を六さんが動画に撮っている間も、ニール君、カメラをちらっと見てから一回ずつカリカリを出しては食べ、出し手は食べ、と繰り返していました。かれこれ10分くらい繰り返していたそうですよ。

【悲報】
猫、自動給餌器の裏技を発見。 pic.twitter.com/wQcjjsKIpy

— 六 (@rokuremix) March 24, 2018

 見つかっているのに堂々とやってのけ、「ねぇねぇすごいでしょ!」とばかりのカメラ目線も含めて可愛いやら賢さに感心するやら。これを見た人たちも「可愛い」「お利口さん、頭いいね」と感心していました。

 六さんによると「普段は給餌機の蓋を開けても、じっとお皿にご飯が出てくるのを待ってるようなとてもお利口な猫なのですが、機械の原理を理解してしまったようです。」との事。普段はご飯が出るタイマーの時間の10分前に自動給餌器の前で待機しているくらいの賢いニール君ですが、六さんが気が付いて動画を撮る5分くらい前から既にカリカリ出しをやっていたそうです。

猫がお利口がすぎる。
(皿に出されたものしか食べない)

床がきたない…… pic.twitter.com/aitbiAWLxM

— 六 (@rokuremix) March 26, 2018

 実は筆者宅にも全く同じ自動給餌器がありまして、うちの猫たちも同じ様に手を突っ込んでカリカリ出しに勤しんでいる事があります。が、アグレッシブにやりすぎて給餌器の回転部分をぐいぐいやるものだからカリカリが変に挟まって動かなくなり、エラーになる事が……。食べ過ぎ防止にやっているんだから、もうちょっとお手柔らかにお願いしたいと思う、筆者なのでした……。

<記事化協力>
六さん(@rokuremix)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

フォロワー数=戦闘力なのか?企業アカウントにとって数より大切なこと
ヒラヒラヒラ~からの、すとーん。海遊館のエイの謎行動が話題に
「妖怪障子破り」との戦いついに決着か? 猫VS超強プラスチック障子

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。