体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

声に出しにくいタイトルの本でも書店で注文しやすくなるぞ! ツイッター発の予約・取り寄せフォーマットが導入開始

声に出しにくいタイトルの本でも書店で注文しやすくなるぞ! ツイッター発の予約・取り寄せフォーマットが導入開始

 ネットで「あ、この本いい。欲しい」って思った時、皆さんはどうやって手に入れますか?最近はネットで取り寄せるとか電子書籍で、という人も多いかもしれません。書店で探すのって結構大変な事も。そんな手間を少なくして近所の書店も嬉しい本の予約・取り寄せフォーマットが「コミックアース・スター」で実際に導入となりました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 このフォーマット、きっかけとなったのが「四十七大戦」を連載中の一二三さんのツイート。

 「【拡散希望】『本が書店になければ予約・取寄して下さい』という状況で作者・読者ともにストレスフリーになれるフォーマットを作りました。加工・二次配布フリーなので宣伝をしたい作家さんは是非ご利用下さい。一般の方も、作家さんが取り寄せを求める呟きをしていたら是非教えてあげてください」と出版不況にあえぐ業界の打開策としてフォーマットを紹介したところ、大きな反響を呼びました。

【拡散希望】「本が書店になければ予約・取寄して下さい」という状況で作者・読者ともにストレスフリーになれるフォーマットを作りました。加工・二次配布フリーなので宣伝をしたい作家さんは是非ご利用下さい。一般の方も、作家さんが取り寄せを求める呟きをしていたら是非教えてあげてください。 pic.twitter.com/AWj0vKNBdX

— 一二三@四十七大戦3巻発売中 (@hifumix_0123) January 10, 2018

 通販自体は確実に本を手にする事ができる方法ですが、そこには梱包や運送料にかかる費用などもあり、また「本屋さんで能動的に探すついでに偶然見つけた」出会いもあったりと考えるとやはり書店へ足を運ぶのも大事だなと思うのです。

 能動的に探してもこの出版不況の中、探している本が書店にない場合もあります。しかし書店で予約や取り寄せを行う事はその作家さんの作品を指名買いするみたいなもので、書店側も「この本が売れているならこの作家さんの本をもう少し入荷しておこう」という目安にもなります。

 今回「コミックアース・スター」では書籍情報の記入の手間を省けるよう、一二三さん作のフォーマットを3月26日より導入。コミックアース・スター公式HPの専用ページに、毎月中旬ごろの更新で次月刊の単行本予約フォーマットを掲出されるので欲しい本のフォーマットを印刷するか画像を保存して書店に持っていき、そのまま見せるだけで予約や取り寄せができてしまいます。作家さんにも出版社にも書店にも、そして手間が少なく買う事ができる購入者にとってもこのシステムはありがたいですよね。加工・二次配布フリーなフォーマットということなので、他の出版社や作家さんも是非導入して欲しいところです。

 今回コミックアース・スターが導入したこのシステム、ツイート元の一二三さんのフォーマットがベースになっているのでちょっと言い辛い、声に出しにくいようなタイトルの本でもこれで安心して買う事ができますね。

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

「四十七大戦」作者が全てのデスクワーカーに捧ぐ「軽運動」継続のススメ
カリスマ漫画家・岡崎京子の「チワワちゃん」 門脇麦主演で実写映画化へ
エレベーター内での恐怖! もしもこんな人と二人っきりになってしまったら……。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。