体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

落合福嗣が「グラゼニ」凡田夏之介に!名クローザーを父に持つ元AKB倉持明日香も登場

週刊モーニング(講談社)で連載中の野球漫画「グラゼニ(原作・森高夕次/漫画・アダチケイジ)」が、ついにBSスカパー!でアニメ放送決定!4月6日(金)から毎週金曜日、午後10時半からスタートです。さて、オリジナル連続アニメの放送に先駆けて、3月20日には特別試写会が都内で行われました。

まず、応援サポーターとして登場したのはお笑いコンビ土佐兄弟。配られたメガホンを鳴らし、映画館がスタジアムに早変わり。興奮冷めやらぬ雰囲気の中、試写会がスタートしました。

2話分の放送を経て、登壇したのは主人公・凡田夏之介の声優に抜擢された落合福嗣さんと、ロッテで炎のストッパーと称された倉持明氏を父に持つ元AKBの倉持明日香さん。会場のボルテージは一気に上がりました。

凡田のコスチュームで姿を見せた福嗣さん。その背丈や雰囲気はまさに、漫画の世界から飛び出した凡田投手のようで、「周りから実写化おめでとうと言われるくらい似てる。ちょっと(凡田に)寄せてる」と話していました。また、倉持さんや土佐兄弟も揃って「似てる!」と歓声を挙げていました。

もっちぃの進行でトークショー

試写会後に行われたトークショーでは、スカパーユニフォームを着た、スカパー!プロ野球PRアンバサダーの倉持さんがMCを務めました。

日本プロ野球史上唯一となる3度の三冠王を獲得した博満氏を父に持つ福嗣さん。生まれながらに野球と密接な環境で育ってきた福嗣さんは「父は現役時代、家に帰ってくるのが夜11時過ぎ。夜中の2時ごろから素振りを2時間ほどしていた」と父についてのエピソードも披露しました。

「自分を野球のタイプやポジションで例えると?」という質問に対して福嗣さんは「クローザー」と回答。理由は「9回に出てきて試合を締めるところがかっこいいから」だそう。ちなみに凡田はコントロール重視の左の中継ぎ投手です。

「仕事とお金」がテーマになると、福嗣さんは落合家の食生活を暴露。「現役時代は1日6、7食だったから買い出しが大変。レシートが2m半くらいになった。しかもその食材は3日で無くなる」という話に倉持さんもびっくり。

アニメ・グラゼニは北米やヨーロッパなど世界99カ国への海外配信も決定。さらに、真中満氏、高橋尚成氏、仁志敏久氏など、野球界から豪華なゲストも登場します。これは見逃せませんね!週刊ベースボール 2017-04-12 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。