体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。

お茶やパイナップルケーキなど、お土産選びには事欠かない台湾ですが、たまには定番以外だってチョイスしたいですよね。

古き良き街のお菓子屋さん「劉仲記」

台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

同行してくれたのは、インテリアからライフスタイルそのものまでをデザインするVanさん。

そんな彼が待ち合わせ場所に指定したのは、予想を裏切って、お洒落とは程遠い街のお菓子屋さん「劉仲記」でした。台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

とにかく色んなお菓子が山積みにされている店内。そして、漢字で推測してみるも、最終的には何なのかよくわからないお菓子たち。

つまり、「台湾ならでは」が勢ぞろいしているということです。台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

そんな中、嬉しそうにサクサクとお菓子をピックアップしていくVanさん。

駄菓子屋に行った時ってこんな感じになりますよね。台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

正直ややディープすぎると思った次第ですが、これぞ台湾ローカルならではのセレクト。

きな粉:台湾では子どもがよく食べるそう。

 

蓮根粉:その名の通り、蓮根を粉状にしたもの。溶かしてはちみつを入れて飲んだり、寒天状にしてデザートにするのだとか。

 

雑糧沙其馬:ふわふわしたシリアルを固めて、ナッツやレーズンなどと絡めたもの。

 

桃酥:ちんすこうの起源とも言われる、サクサクとしたクッキーのようなお菓子。

 

芝麻揚げ:ゴマをまぶして揚げたお菓子。中は空洞で軽く食べられます。

特に粉ものを買うのは難易度高めですが、日本ではあまり手に入らないものをゲットできるチャンスでもあります。

そして言うまでもないですが、とても安い!

台湾のぬくもりを感じる「地衣荒物」

台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

次にVanさんが向かったのは、台北最大の問屋街がある迪化街の一角、雑貨屋の「地衣荒物」。

街のお菓子屋さんからの、お洒落雑貨屋さんという、このギャップが流石です。台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」

店内には、オーナーがセレクトした雑貨や衣類、アンティークの食器などがズラリ。

陶器やアクセサリーなどは、約7割が台湾の作家の作品だそう。台北を知り尽くしたデザイナーがオススメする「意外なおみやげ」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。