体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今話題の“ドラフトコーヒー”が自宅で簡単に楽しめるアイテム!


最近、アイスコーヒーの上にきめ細かいクレマ(泡)がのった“ドラフトコーヒー”が、その見た目や味わいから新たなコーヒーのトレンドとして話題となっている。そんな“ドラフトコーヒー”を家庭でも手軽に楽しめる商品がネスレから発売!

「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」は、ハンディタイプのアイスコーヒーサーバー。2017年に発売し好評だった商品に今回、電池で動くハンディタイプが登場。冷却した「ネスカフェ ボトルコーヒー」にハンディサーバーを取り付けるだけで、家庭だけでなく屋外などでも“アイスクレマコーヒー”を手軽に楽しめる。


ハンディサーバーの取り付け・取り外し方法はシンプルで、手入れも簡単。アイスコーヒーとクレマ(泡)をスイッチで簡単に切り替えて注ぐことができるので、アイスコーヒーとクレマ(泡)の量を好みで調整可能。ハンドルのみを外せば、ハンディサーバーが装着されたボトルコーヒーをそのまま冷蔵庫に保管もできる。

「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」は価格3480円(税抜)。4月1日(日)より、全国にて発売。きめ細かいクレマ(泡)でコーヒーの香りを閉じ込めた、まろやかな口当たりを楽しんで。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy