体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『The House With a Clock in Its Walls(原題)』、「時を刻む音が聞こえる?」と尋ねるトレーラーが公開

「時を刻む音が聞こえる?」─ これは、ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットが主演するイーライ・ロス監督の米ユニバーサル・ピクチャーズによるゴシックホラー映画『The House With a Clock(原題)』のファースト・トレーラーで、カギとなる質問だ。

トレーラーでブランシェットが演じる役が、「この家はすごく古い場所なの」と語ると、ブラックが演じる役は、「壁の中には時計がある。何か恐ろしい物があるという以外、それが何なのかは分からない」と、語る。

同プロジェクトは、1973年出版のジョン・ベレアズ原作の著書をエリック・クリプキが映画化する。オリジナルの著書では、エドワード・ゴーリーがイラストを手掛けた。親を亡くしたばかりの10歳のルイス・バーナベルトは、ミシシッピ州のニュー・ゼベディの町に移り住み、ブラック演じる謎めいた叔父 ─ 後に魔法使いであることが判明する ─ と一緒に暮らす。隣人には、フローレンス・ジマーマン(ブランシェット)という名の魔法使いが住んでいる。

映画のタイトルでもあるこの家は、以前、壁に隠された時計を通して世界の終わりを告げる陰謀をくわだてた黒魔術に命を捧げた夫婦が所有していた。オーウェン・バカロが演じるバーナベルトは、誤って死者を目覚めさせてしまう。

『The House With a Clock(原題)』には、カイル・マクラクラン、コリーン・キャンプ、レネー・エリス・ゴールズベリー、ヴァネッサ・アン・ウィリアムズ、サニー・スリッチが出演する。ブラッドリー・J・フィッシャー、レータ・カログリディス、ジェームズ・ヴァンダービルトがプロデュースする。

『The House with a Clock in Its Walls(原題)』は、9月21日に米劇場公開する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。