体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――”ベタな設定”と油断すると痛い目に合う!?

【「本屋大賞2018」候補作紹介】『屍人荘の殺人』――”ベタな設定”と油断すると痛い目に合う!?

 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは今村昌弘著『屍人荘の殺人』です。

*******
 本書は第27回鮎川哲也賞の受賞を皮切りに、「このミステリーがすごい!2018」「週刊文春ミステリーベスト10」「本格ミステリベスト・10」で第1位を獲得。デビュー作にして3冠達成は史上初、東野圭吾著『容疑者Xの献身』以来の快挙を成し遂げた本格ミステリです。

 神紅大学経済学部に入学した葉村譲(はむらゆずる)は、ミステリ研究会の門を叩くもメンバーの浅すぎる知識に辟易。そんな折、”ミステリ愛好会”会長と名乗る理学部3回生、「神紅のホームズ」とも呼ばれる明智恭介と出会います。

 明智からミステリ愛好会こそ「真のミステリマニアの居場所」と説明を受け、葉村はサークルへの参加を了承。入会早々、明智は夏休みに映画研究部の合宿に混ざり、心霊映像を撮影し一儲けしようと企てるも、映研の部長に幾度となく断られてしまいます。

 諦めムードの中、文学部2回生で美少女探偵の剣崎比留子(けんざきひるこ)が、突然2人に話しかけ映研の合宿に同行する「取引」を持ち掛けます。実は映研に「今年の生贄は誰だ」と赤字で書かれた脅迫状が届いたというのです。しかし、剣崎は肝心の「取引」内容について、「その理由を訊ねないこと」という意味深な交換条件しか語りません。

 とにもかくにも、3人は”いわくつき”の映研の夏合宿に参加するために、ペンション「紫湛荘(しじんそう)」を訪れます。メンバー全員で肝試し中、想像しえない”ある出来事”に遭遇し、紫湛荘に立て籠もることに……。

 一夜が明けると、部員の1人が密室で惨殺死体となって発見されます。それは連続殺人の序章に過ぎませんでした。果たして、葉村、明智、そして剣崎は生き残り、この奇怪な事件の謎を解き明かすことができるのでしょうか?

 『シャーロック・ホームズ』シリーズに見られるワトソン役の語り手を担う葉村。ミステリ小説にありがちな天候や道路の遮断で事件現場から出られなくなる状況「クローズ・サークル」など、見覚えのあるベタな設定が多く油断しがち。しかし、本書は場面転換が早く意表を突く展開で読者を飽きさせないため、ページをめくるたびにハラハラドキドキの連続。

 鮎川哲也賞の選考者をはじめ、綾辻行人や有栖川有栖などミステリ小説界の大御所も絶賛した本書。その実力を確かめる意味でも、一読する価値が大いにあるといえそうです。

■関連記事
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『崩れる脳を抱きしめて』――愛する女性の真実を追う恋愛×医療ミステリー
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『キラキラ共和国』――妻となり母となった代書屋の物語
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『かがみの孤城』――大人の心にも響く優しいファンタジー

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。