体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南米のスイス!アルゼンチンの「バリローチェ」を一日で満喫する方法

南米のスイス!アルゼンチンの「バリローチェ」を一日で満喫する方法

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

アルゼンチンのバリローチェは、パタゴニアからチリのサンティアゴにバスで行くときに通る町の一つです。しかし、乗継ぎ地点として素通りしていく旅人が多いのではないでしょうか。

私は、たまたま宿で知り合った人からバリローチェを勧められ、自然が大好きなのでパタゴニアから北上する途中で寄ることにしました。そして南米の他のどの町とも異なる自然の美しさに感動しました。

 

バリローチェとは

photo by shutterstock

バリローチェは正式にはサン・カルロス・デ・バリローチェという名前で、ナルエル・ウアピ湖畔にある風光明媚な町です。パタゴニアの北部、アンデス山脈の麓に位置しています。

美しい湖と山と森に囲まれたこの町は、南米のスイスとも言われており、夏はキャンプやトレッキング、湖クルーズ、冬はスキーが楽しめます。

豊かな自然を楽しむには実際に足をのばすのが一番ということで、観光ツアーがたくさんありますが、値段が高いです。

また、そもそもバリローチェの町自体がリゾート地であるため、全体的に物価が高いのが難点です。そのため短い滞在日数でリーズナブルに観光できるコースを知ることは、バリローチェにおいてとても重要なのです。

 

私のおすすめルート

photo by shutterstock

観光時間丸一日、ローカルバスだけを利用して、バリローチェの素晴らしい自然を堪能できるおすすめコースはこちらです。(※最初に宿や観光案内所でマップをもらっておきましょう。)

1.カンパナリオの丘 → 2.シャオシャオ山のハイキング → 3.町歩き

 

カンパナリオの丘

photo by ほさかまき

カンパナリオの丘は、バリローチェの中心地からローカルバスで30分ほど西に行った場所にあります。

バリローチェには他にオットー山、カテドラル山という展望スポットがありますが、私は宿スタッフのイチオシだったカンパナリオの丘に行き、とても感動しました。みなさんにも是非ここを訪れてほしいです。

頂上には展望台があり、ナウエル・ウアピ湖、シャオシャオ半島、それらを囲む山々と、360度のパノラマを望むことができます。青い湖と緑の森、その向こうに立ち並ぶ頂に白い雪をかぶった山々。心が洗われるような絶景でした。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy