体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100年キャリア時代、自分の「武器」は何度変えたっていい――つながりを生む“ポリネーター”西村真里子の仕事論

100年キャリア時代、自分の「武器」は何度変えたっていい――つながりを生む“ポリネーター”西村真里子の仕事論

テクノロジー×デザイン×マーケティングを強みに、企業のアドバイザーやイベントプロデュースから、海外カンファレンスのレポーター、働き方のイベントを企画・登壇するなど、さまざまなシーンに活躍の場を拡げている株式会社HEART CATCHの西村真里子さん。

彼女はどのようにして今の仕事に就いたのか、自分の強みや軸を見つけるために何をしてきたのか、これまであまり語られてこなかった幼少期からの経験を含め、その秘密に迫った。

【プロフィール】

西村真里子さん

株式会社HEART CATCH代表/プロデューサー 国際基督教大学(ICU)卒。IBMでエンジニアとしてキャリアをスタートし、その後Adobeのフィールドマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブ会社バスキュールのプロデューサーを経て、2014年にHEART CATCHを設立。 テクノロジー×デザイン×マーケティングを強みにプロデュース業や編集、ベンチャー向けのメンターを行う。孫泰蔵氏率いるコレクティブ・インパクト・コミュニティーMistletoeメンバー。

ルーツは幼少期の「エンジニアリング・アート・言語」

さまざまな職種を経験し、日々国内外を飛び回っている西村さん。自分でも「私の職業って何だろう?」と言うくらいオンリーワンのポジションを確立している。

そんな彼女のルーツはどこにあるのか、幼少期のことを伺ってみたところ「エンジニアリングとアートと言語」という答えが返ってきた。

「父が理系だったこともあり、家に写真の暗室があったり、電鋸やハンダゴテなど工学系のものがあったりして、父から古くなった電卓を渡され、分解してから元通りにするようなことを遊びの一環としてやっていました。

アートは、 絵画が好きな母の影響が大きいですね。家にジョルジュ・ブラックのリトグラフやポスターですけどカンデンスキーやピカソ、モジリアーニなどが飾ってあり絵画を見ながら母親とストーリーを作り上げるのが大好きでした。

言語に関しては、高校からICUに通っていますが、ルーツは通っていた幼稚園がスペイン系のカトリック幼稚園だったこと。英語とスペイン語を教えてくれる幼稚園で、ゾウが出てくる絵本を見て『Elefante(エレファンテ)!』と指差すような子どもでした」

幼少期に学んだもう1つの大きなことは、祖母から学んだ「笑顔」だ。3〜4歳の頃から「何かあったときでも笑顔でいることが、人間として一番大切だ」と教えられてきた。

西村さんはいつも笑顔という印象があるが、それは祖母の影響が大きい。受験やキャリアで大変なときも、何か嫌なことがあるときも、必ず祖母の言葉を思い出し、笑顔でいるようにしてきたという。

いつも笑顔を忘れない西村さんだが、高校時代はさまざまな挫折があった。

ICU高校は生徒200人のうち、2/3が帰国子女という学校だ。幼少期から英語が得意だった西村さんの自信は入学早々に打ち砕かれた。

「同学年なのに、これだけの差があるのって何なんだろう? とショックでした。英語もそうですが、多様な文化に触れてきた同級生たちと比べ、自分の視野の狭さを感じていましたね。だからこそ、自分の強みは何か? をすごく考えるようになりました」

自分の強みを見つけるため、大学では劇団で舞台照明をやることにした西村さん。一見地味に感じるが、「照明を操れる人は世の中にあまりいない。だとしたら、これが自分の強みになるかもしれない!」と考えたのだという。

舞台照明を選んだ背景には2つ理由がある。1つは父親の仕事の影響で、自宅PCで配線図を書いて遊びんでいたこと。会場で使う照明のワット数などシミュレーションもできる環境があったことと、敢えてニッチ路線に行くことで、オンリーワンを目指そうと考えた。

もう1つは母親の影響だ。絵を描くのが楽しくても、ある程度限られた空間にしか描けない。舞台という大きな空間に色を塗れるのは照明にしかできないというのも、舞台照明を選んだ大きな理由であった。

飲みニケーションというセレンディピティ

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy