体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

声優・林原めぐみ、声優を目指したきっかけ 「受験期の真っただ中に…」

声優・林原めぐみ、声優を目指したきっかけ 「受験期の真っただ中に…」
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。3月26日(月)のオンエアでは、声優の林原めぐみさんに、声優になったきっかけを伺いました。

■声優という仕事を知り「この世界は果てがない!」

『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイ、『名探偵コナン』の灰原 哀など、数々の代表作をもつ林原さん。声優という仕事を知った小学生時代を振り返ります。

林原:今でこそ、この役の声優は誰とか、アフレコ風景をCMに入れ込んだりとか、声優が表に出るようになりましたが、私が子どもの頃は、『魔法使いサリー』があったときに、誰がサリーちゃんの声をやっているかなんてまったく考えなかった。それが小学生のときに、アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』を観に行って、確かパンフレットだったと記憶しているんですが、声優さんの顔写真があって、そういうお仕事があるんだと衝撃を受けて。それ以降、「この声とこの声の人が一緒なんだ」とか思い始めたんです。
クリス:そういう楽しみ方もありますもんね。
林原:そうなんです。ロボットもやるし、女の子も男の子も色っぽい役もやるし、「この世界は果てがない!」と面白くなりました。

■受験期にオーディションに応募

そんな林原さんが、実際に声優への道を歩みだすようになった経緯を聞きました。

クリス:仕事として認識してから、オーディションを受けたんですか?
林原:全然。当時はただの憧れで、養成所もなかったですし、ただただ夢物語だったんです。学生時代に父が倒れて、現実の道として看護師になろうと思いました。でも受験勉強に煮詰まってストレスもたまり、さらに受験票を出しに行った先の受付係の人が非常に冷たくて、それでブチッといって、封印していた自分の夢に意識が向いてしまって。オーディション雑誌に「無料で養成します」という広告を見つけて、受験期真っただ中に自分の声を送って……。そうしたらそのオーディションに呼ばれて、当時で300人くらいだと思うんですけど、残ったのが今に至ったきっかけです。
クリス:じゃあ受付の人が冷たい人でよかったですね(笑)
林原:そうなんです(笑)。

林原さんは、約7年ぶりとなるオリジナルアルバム「Fifty〜Fifty」を3月30日(金)にリリースします。こちらもぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy