体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「職場に外国人がいる」200人にアンケート!外国人と働くって実際どう!?

日々グローバル化が進み、外国人を雇う企業も増えてきました。厚生労働省の発表によれば、今の日本には約128万人の外国人労働者がいるのだそう。この数字は過去最高であり、平成20年と比べると約2.6倍に増加しています。
同じ職場にいる外国人……共に働く日本人の目に、彼らはどう映っているのでしょうか。海外デジタルマーケティング支援を行う株式会社インフォキュービック・ジャパンによる調査が行われたので、その結果の一部をご紹介いたします。
図1
一緒に働いている外国人に対し「ここはかなわないな」と思うことがあると回答した方はおよそ半数。中でも「自由な発想」(45.8%)ではかなわないと答えた方が多かったようです。日本では就職活動の段階からすでに画一化が是とされる風潮があるので、突飛な発想が出てきづらいのかも知れません。
図2
職場にもっと外国人を増やしてほしいかという質問に対しては、「増やしてほしい」が44%、「増やしてほしくない」が56%。ほしくない派がやや上回る結果となりました。しかし「増やしてほしくない」=「良く思っていない」というワケではないようです。外国人と仕事をするのが楽しいかという問いには、男女すべての年代で楽しいと答えた方が上回るという結果に。全体の70%以上の方が、外国人とのオフィスライフを楽しんでいるようです。ちなみに最も楽しいと回答した方が多かったのは20代男性(88%)。一方で女性は、年齢を重ねると外国人との仕事を楽しむようになる傾向にありました。
図3
では、今後さらなるグローバル化を目指す上で、日本の企業には何が必要になるのでしょうか。今回の調査では、約7割の方が日本の企業に「課題がある」と回答。「文化的な違いを理解する」「働いている日本人に対し、英会話力を向上できる環境を整える」といった意見がありました。
これまでの推移を考えれば、この先さらに外国人労働者の数は増えていくはず。日本人と外国人が、お互いを高め合える環境ができれば理想的と言えるのではないでしょうか。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

西日本初のスターバックス「リザーブバー」が4月1日オープン
高橋ジョージの印税が桁違いだった件!!
【Googleマップを覗いてみよう】北海道に北海道がある…?!

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。