体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

味噌ダレの入ったすき焼きタレでいただく鍋料理

3月28日放送の「ZIP!」(日本テレビ系、午前05時50分~)では、ゲストがオススメするお店を自撮りでリポートするコーナーで、「桜なべ・中江」(東京都台東区)が紹介された。

同店は、東京メトロ日比谷線の三ノ輪駅3番口から徒歩9分ほどの場所にある鍋店。このお店の建物は国の有形文化財に登録されているそうだ。

番組では、お店のメニューとして「桜なべ・シャトーブリアン」(1人前3,900円/要予約・注文は2人前から)、「あとご飯セット」(880円)が紹介された。
「桜なべ・シャトーブリアン」は浅い鍋でいただく鍋料理。この鍋が浅い理由は煮すぎず、すぐに火が通り食べられるからだそうだ。

今市隆二さんが「桜なべ・シャトーブリアン」を玉子に付けてすき焼き風でいただくと「ん~!大将!おいしいです!ハマりそうですね」とコメント。このすき焼きタレには味噌ダレが入っているそうで、創業当時から配合を変えていないそうだ。この味噌で煮るお肉は農場で育てられた馬肉を使用している。

シメに馬肉の中落ちと豆腐、玉子を落とした「あとご飯セット」を今市さんが食すと「これ!マジうまいですね!止まらない!」と驚きを隠せない様子でコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:桜なべ中江(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:南千住のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:鍋のお店紹介
ぐるなび検索:南千住×鍋のお店一覧
味噌ダレの入ったすき焼きタレでいただく鍋料理
約14種類のチョコパウダーを使用したデザート

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。