体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリス海軍のヘリ空母、女王に見送られて退役

イギリス海軍のヘリ空母、女王に見送られて退役

 イギリス海軍のヘリコプター揚陸艦(揚陸ヘリコプター空母)、オーシャン(L 12)が退役することとなり、2018年3月27日(現地時間)にデヴォンポート海軍基地で、エリザベス女王臨席のもと、退役式典が行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 オーシャンは1998年に就役したオーシャンは、イギリス海軍初の新造ヘリコプター揚陸艦です。「マイティー・オー(Mighty O)」の愛称で親しまれたこの艦の名付け親(Ship Sponsor)は、エリザベス女王。1995年の進水式、1998年の命名式にも臨席しており、この艦とは深い縁があります。今回はイギリス海軍の艦船、すなわち「女王陛下の艦船(HMS=Her Majesty’s Ship)」として最後のセレモニーにも、命名者として臨席することになりました。

 小雨がぱらつく中、21発の祝砲に出迎えられたエリザベス女王は、退役式典でお言葉を述べられ、式典を命名者として見守りました。







 そして女王は、オーシャン艦長のロバート・ペドレ大佐らとオーシャンの乗組員を閲兵。続いて艦内の視察を行いました。



1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。