体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホをデジカメに変えるグリップ「ShutterGrip」で手ブレ知らず!

写真もビデオもスマホで撮影するという人は多い。最近のスマホの性能は高く、それなりの品質のものが撮れる。

であれば、いっそのことスマホをデジカメに変えてしまおう、というのが「ShutterGrip」だ。

・滑り止めで構えやすく

ShutterGripはその名の通りシャッター機能付きのグリップで、スマホをはさんで固定できる仕様になっている。滑り止めがついていて、またホールドしやすい大きさなので構えやすくなり、手ブレを軽減できる。

スマホとBluetoothで連携し、コンパクトカメラのようにボタンを押すことでシャッターが切れる。

また、ShutterGripには三脚用のネジ穴が付いていて、より安定した写真をとりたい時や集合写真を撮ったりするときには三脚や一脚を使うといい。

グリップからシャッタボタンのパーツだけを外せるので、リモコンとして使うことも可能だ。

・ほとんどの機種で使える!

幅広い機種に対応するのもShutterGripの売りで、AppleやSamusung、Google、Nokia、LG、Asusなどに対応する。電源はボタン電池CR20321個。大きさは72×40.5×29.5ミリ、重さ45グラムとなっている。

現在、サイトでプレオーダーを受け付けていて、価格は39.95ドル(約4200円)。日本への送料は20ドル(約2100円)で、4月中旬にも発送を始める見込みだ。

ShutterGrip

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。