体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3月下旬上陸!フランス直輸入『エナジーフルーツ ドライシャンプー』でヘアケア!頭皮や髪のベタつきも瞬時にふんわりサラサラ髪に!

髪のパサつき・ごわつきは、洗いすぎが原因かも? フランス直輸入の『エナジーフルーツ ドライシャンプー』は、海外セレブや女優・モデルたちの間で人気のパウダータイプのシャンプー。ブームの波が、ついに日本にもやってきた!

2018年3月上陸!『エナジーフルーツ ドライシャンプー』は髪の洗いすぎに着目!

毎日お風呂に入ることが当たり前、という文化を持つ日本人にとって「洗い流さないシャンプー」(水のいらないシャンプー)は防災グッズや介護・入院グッズとしての認識が強い。が、海の向こう側の人々にとっては2~3日に一度の洗髪が髪のために良いとされていて、洗い流さないシャンプーは「ヘアケアアイテム」として愛されているという。

 

確かに髪を洗いすぎると本来あるべき潤いが失われてダメージも蓄積してしまうし、毎回の洗髪後に使用するドライヤーの熱ダメージも深刻だ。髪のダメージが気になる、という人は洗い流さないシャンプーを暮らしの一部に取り入れてみてもいいかも?

 

この春から株式会社ときわ商会(東京都墨田区)が輸入販売を開始する『エナジーフルーツ ドライシャンプー』(120g・希望小売価格 税抜1,200円・2018年3月下旬発売)は、 南フランスの自然豊かなプロヴァンスで生まれた、元気溢れるボディ&ヘアケアシリーズだ。

まず目を引くのは、南仏プロヴァンスで企画から製造まで行っているというこだわりのパッケージデザイン。「置いて、使って、楽しくなるようなパッケージ」がテーマだそうで、パリをモチーフにした楽しいイラストを描くイラストレーター・Angeline Melinさんによるグラフィックイラストレーションを採用している。

『エナジーフルーツ ドライシャンプー』の使い方は簡単。まずは使用前に本体をよく振る。そして缶の頭部を上にして、髪をかき分けながら20cmくらい離してスプレーする。

頭皮や髪全体になじませて、そのまま1分ほど待つ。スプレーしすぎるとパウダーが髪に残って白っぽくなるので要注意。

その後は髪全体を手ぐしやブラシでささっとブラッシングするだけ! 髪を濡らさなくていいので、ドライヤーの出番もなし! ものすごく時短になる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。