体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アイワ」ブランドのラジカセが完全復活した!

「アイワ」ブランドのラジカセが完全復活した!

最先端ではないけれど、いつも「ちょうどいい」製品を私たちに届けてくれていた「アイワ(aiwa)」。「ウォークマン」は高くて買えなかったけれど「カセットボーイ」なら手が届いたという人も多かったのではないでしょうか。そんなアイワのラジカセが完全復活。その実力を見ていきましょう。

新会社としてアイワ株式会社が発足

アイワはお小遣いの少なかった我々にとって、とても身近な国内メーカーでした。しかし、さまざまな事情から親会社のソニーに吸収合併され、会社としてのアイワが消滅してしまいます。

しばらくはソニーの廉価製品用サブブランドとしてアイワ製品が供給されますが、2008年には製品の出荷が停止。ブランドとしてのアイワも消滅していきました。

しかし、そんなアイワが2017年4月に復活を遂げました。ソニーが持っていたアイワの商標が「十和田オーディオ」へと譲渡され、新会社としての「アイワ株式会社」が発足したのです。

十和田オーディオといえば、ソニーとも関係の深いEMS(電子機器受託製造サービス)メーカーで、これまでにソニーから発売された「ICF-EX5」「ICF-SW7600GR」「ICF-SW77」といった高性能ラジオの製造を請け負った会社です。

アイワのCDラジカセは優れた音質

つまり、新しいアイワ製品には、ソニーと旧アイワ、十和田オーディオのDNAが深く刻まれているわけ。これで期待するなという方が、無理かもしれません。

そんなアイワから発売されたCDラジカセ「CSD-M20」はAM/FMラジオ放送、ワイドFMラジオに対応。デザインもありきたりで、このタイミングでCDラジ「カセ」というのも、満を持して…という場面に似つかわしくない気がします。しかし、能ある鷹は爪を隠す。新生アイワのCSD-M20は、優れた音質を誇る優等生だったのです。

アイワ「CSD-M20」の受信周波数は、AMラジオ放送が522~1629kHz(9kHzステップ)でFMラジオ放送が76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)。サイズ/重さは305W×135H×245Dmm/2.2kgです。電源は単2形乾電池×8本もしくはAC100V。実勢価格は6,450円となっています。(文/手島伸英)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。