体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もはやインテリア!業界注目「スタイリッシュエアコン」そのヒミツを開発担当者に聞く

今、日本のエアコンに革命がおきています。

見たこともないデザインと機能を備えた新機種が登場し、私たちとエアコンとの新しい生活が始まる可能性を感じています。

先日、2月27日~3月2日まで幕張メッセで開催された冷凍・空調・暖房に関する国内最大級の展示会『HVAC&R JAPAN 2018』において、筆者が思わず見入ってしまうほど衝撃をうけたのが、ダイキン工業株式会社の“空間に調和するスタイリッシュエアコン「risora(リソラ)」”です。

「risora」は、「グッドデザイン賞2017」や、65年の歴史を持つ国際的デザインアワードのひとつ「iFデザインアワード2018(iF DESIGN AWARD 2018)」などを受賞しており、国内外からその性能と美しさが評価されています。

また、ダイキン工業の展示は、開催40回を記念して企画されたHVAC&R JAPANの「HVAC&Rアワード」において、来場者アンケートによって選ばれる【ベストアプローチ賞・グランプリ】を受賞しており、会場に足を運んだ多くの空調関係者やユーザーにも影響を与えたようです。

展示会では、開発にたずさわった大下奈緒子さん(空調生産本部 商品開発グループ)にお話しを伺うことができました。

新しいライフスタイルを提案するエアコン

「risora」は、空調専業メーカー「ダイキン」が次世代のスタンダードを目指す新商品です。7つのカラーバリエーションをそろえ、インテリアに馴染む形状や素材の質感などのデザイン性にくわえ、同社のハイエンドモデルの機能を搭載しています。

参照 http://www.daikinaircon.com/risora/roomaircon.html

その名の通り“理想の空間”を実現するため、幅798mm、厚さ185mmという既存のエアコンにはないサイズに驚かされます。

※「うるさら7」と比べてこの薄さ!

そもそもダイキン工業には「risora」以前に、ダイキンヨーロッパが開発し逆輸入された「UXシリーズ」(日本では2016年10月発売)というデザイン性の高いエアコンがありました。「risora(リソラ)」の開発チームは、この「UXシリーズ」の好評をうけ、薄くて小さいエアコンの開発へ方向性を明確にしたといいます。デジモノステーション2017-06-24 発売号
Fujisan.co.jpより

今までにもデザインエアコンがなかったわけではありませんが、デザインを追求すると、その分性能を落とすことになり定着には至りませんでした。「UXシリーズ」は欧州発の優れたデザインに加えて、ダイキンの技術・機能がきちんと両立しており、それを超えるエアコンづくりが私達のミッションでした」

飛行機の翼に使われるシステムを採用

いかに性能を落とさずにコンパクトな空間に収めるか? それを解決するために、ファンやフラップといった気流を支える主要部品は新たに開発したそうです。 「室内機の厚みに制約があるため、従来よりもファンと熱交換器の距離が近づきます。そのため、従来のファンをそのまま搭載すると、内部で気流が乱れて耳障りな風切音が発生するという課題がありました。しかし、ファンのサイズを小さくしてしまうと、今までのような大風量は期待できなくなります」

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。