体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独身女優・松下奈緒に人生のパートナーが!?「救われることも多い」

WOWOWで2015年に放送し、異色のクライムサスペンスと評判になった「連続ドラマW闇の伴走者」。そのシリーズ第2弾となる「連続ドラマW 闇の伴走者~編集長の条件~」が3月31日(午後10:00)にスタートする。

27日には都内で第1話完成披露試写会が行われ、主演の松下奈緒、古田新太、そして三木孝浩監督が出席。松下は「古田さんとは3年ぶりにお会いしたけれど、ファーストシーズンがあったので緊張感もなく、ようやくお会いできた感じ。ゼロからのスタートではないので、最初からトップギアでやりました。すぐに当時の気持ちになれた」と念願叶った様子。

しかし古田は、うんちくや長セリフが多いため「セカンドシーズンはやりたくなかった!僕自身は漫画が好きだけれど、あまりにもくっちゃべるから…。それにスナック菓子が好きという設定だけれど、僕は嫌い!とにかく気持ちが悪い。口が乾くお菓子を食べながら、長セリフを言うのも辛い」と不満を爆発させていた。

それでも「役者の条件は?」とのお題に「監督さんが注文したことに対してできないとは言わないこと」といい「できないと言った人は、俳優・女優ではない。テレポーテーションしろと監督から言われたら、頑張ってやってみる。最初に『できない』と言うのは俳優として恥ずかしいこと。気合です。最終的には根性」とプロ意識を覗かせた。

一方の松下はタイトルにかけて「自分にとってのパートナー」を聞かれると「音楽」を挙げて「聴くのも、弾くのも、作るのも好き。音楽に救われることも多い。人生のパートナーとして音楽はなくてはならないもの」と説明した。GINGER(ジンジャー) 2018-03-23 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。