体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分はインディ・ジョーンズ!遺跡を見ながら走るアンコールワットマラソンに参加してみた

先日開催された2018年の東京マラソンで、日本の設楽悠太選手が日本新記録でゴールをしました。いよいよ2020年の東京オリンピックが近づいてきたなとワクワクしてきます!

ホノルルマラソン、ボストンマラソン、東京マラソンと世界には有名な市民マラソンがたくさん。私は特別足が速いわけではないのですが、どちらかというと短距離走よりも長距離走の方が好きです。

一度千葉の海浜幕張のハーフマラソンに出場したことがありましたが、寒くて海風が強すぎて、もう二度と走らない!」と思いました……。

 

が、そんな私が誘われた勢いでベトナムから、カンボジアのアンコールワットで開催されるハーフマラソンに週末弾丸で参加してしまいました。

もう走らない!と思ってたのに…実はもう一回出場してもいいかな…って思っています!そう思えるくらい最高の体験ができました!

 

アンコールワット国際ハーフマラソンとは&エントリー方法

photo by pixta

アンコールワット国際ハーフマラソンは、カンボジアが乾季に入る12月のベストシーズンに開催されるレースです。

ハーフマラソン、10kmコース、3kmコースとあり、ハーフマラソンは世界遺産のアンコール・トム、アンコール遺跡群の特設コースを周回します。(アンコールワット内には入れません)

観光客が入る前の早朝からスタートするため、ランナーだけが朝日に染まっていくアンコールワットを独占できます。遺跡、そしてカンボジアの生い茂る草木の中を駆け抜けていく気分は、まるでインディ・ジョーンズです!

 

日本からは代理店を通して参加も可能ですが、私はベトナム在住のため代理店を通さずエントリーしました。(RUNNETという各地のランニングイベントが紹介されているサイトに、同大会の公式のホームページが掲載されます。)

 

アンコールワットって…?

photo by pixta

カンボジアといえば?という問いには、恐らくほとんどの人が「アンコールワット」と答えられる、カンボジアが誇る世界遺産です。

アンコールワットはカンボジアの北西部・シェムリアップという街の中にあり、1992年にユネスコの世界文化遺産に「アンコール遺跡群」として登録されました。(登録基準①②③④)しかし登録と同時に「遺産そのものが危機に瀕している」と「危機遺産」にも登録されました。

 

アンコールワットは12世紀前半にクメール王朝(アンコール王朝)のスールヤヴァルマン2世が、約30年の年月をかけて完成させたヒンドゥー教の寺院です。徐々に隣国のアユタヤ王朝(当時のタイ)が侵入をしてきたため、クメール王朝はこのアンコールワットを放棄します。

16世紀になると外国人の訪問が増え、1632年には森本右近太夫一房という日本人も訪れています。(寺院の中には漢字の落書きも残っています。誰が書いたかはわかりませんが…)

 

アンコールワットがジャングルの密林の中から、再び世の光を浴びるようになったのは19世紀。フランス人のアンリ・ムーオによって「世紀の大発見」として紹介されるようになりました。

1887年にカンボジアが仏領インドシナといてフランスの統治下に入ると、フランス極東学院がアンコール遺跡群の修復を開始するようになりました。

しかし1972年、カンボジアの内戦が始まると、ポル・ポトが率いる共産党一派のクメール・ルージュによって、アンコール・ワットは破壊され、仏像が首を刎ねられたりなどの被害を受けます。

photo by pixta

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。