体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オーク200」が「大阪ベイタワー」として驚きのリニューアル!アートホテルも誕生

JR大阪環状線と、地下鉄中央線の駅が交差する大阪ベイエリアの玄関口「弁天町駅」に隣接する複合商業施設『ORC200(オーク200)』が生まれ変わろうとしています。

施設名称を『OSAKA BAY TOWER』 に変更し、同ビル内に「アートホテル大阪ベイタワー」が3月29日にリランドオープン。大阪キタ・ミナミエリアに次ぐ“ニシ”のランドマーク的存在として注目されています。

IR誘致も視野に「ニシ」が生まれ変わる

大阪市では、『OSAKA BAY TOWER』が建つ港区をはじめ、住之江区・西区・中央区・此花区・大正区の大阪ベイエリアを、IR(複合型リゾート)推進や万博の誘致など、大阪の観光・文化・スポーツの復興をにらんだ再開発を計画中。

なかでも、ユニバーサルシティ駅まで電車で7分という利便性がある『OSAKA BAY TOWER』のリニューアルは重要事業のひとつでした。

今回のリニューアルにともないリランドオープンした「アートホテル大阪ベイタワー」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアソシエイトホテルとなるため、客室数を旧「ホテル大阪ベイタワー」の383室から464室に増室し、ファミリー層向けに個性的で楽しさに満ちた「コンセプトフロア」(23~25階)や、4名で利用できる広めの「デラックスフォース」など、全21種類の客室タイプを用意しています。

大阪屈指の夜景と巨大温泉施設も目玉

また、同ホテルは、天保山の大観覧車ユニバーサルシティを一望できるベイサイドビューと、大阪中心部を見渡すシティサイドビューの両方を楽しめ、大阪屈指の“夜景が美しいホテル”であるのも魅力のひとつ。なかでも46階以上の「スカイフロア」や、最上階にある80種類以上の豊富な和洋食メニューやライブキッチンを楽しめる「スカイビュッフェ51」からの眺望は別格だそうです。 さらに『OSAKA BAY TOWER』内には、安土桃山時代をコンセプトとした総延べ床面積5,000坪超の天然温泉を有する関西最大級の都心型温泉テーマパーク「ソラニワ SPA 弁天」が本年度中に開業予定。

約1,000坪の屋上日本庭園を眺めながら「癒し」「美」「食」を堪能でき、オープンすればユニバーサル・スタジオ・ジャパンをはじめ、インテックス大阪、海遊館などとならぶ施設になり『OSAKA BAY TOWER』は新たな観光拠点として脚光を浴びそうです。大阪眺めのいい店
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy