体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気温や湿度、不審な動きをモニターする小型センサー「Sense」がマルチ!

日常生活で大いに活躍しそうな小型センサーが、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。米カルフォルニア拠点のスタートアップが開発した「Sense」。

湿度や二酸化炭素レベル、不審な動き、音をモニターするというもの。AmazonのAlexaやGoogle homeなどとも連携する。

・マカロンより小さい!

Senseは直径3.8センチとマカロンより一回りほど小さいサイズ。スマホとペアリングすると、内蔵するセンサーがとらえたさまざまな情報をスマホに届けてくれる。

まず、一番使いそうなのが空気に関わるデータ。気温、湿度、気圧、二酸化炭素レベルがわかる。

例えば、赤ちゃんの部屋などに設置して、一定の湿度を下回ったときに「部屋が乾燥しています」とスマホにアラートが届くようにすることもできる。そのほか、明るさや騒音レベル、高度もわかる。

・防犯装置にも

また、Senseには動きを感知するセンサーも含まれているので、大事なものやドアにSenseを取り付けることで、防犯装置的にも使える。

不審な動きを検知するとスマホへのアラート送信と同時に警音も鳴るようにセットでき、バッグや自転車などに取り付けてオンにしておくと安心だ。

また、このセンサー、AmazonのAlexaやGoogle homeなどと連携するので、「Alexa、赤ちゃん部屋の湿度を教えて」なんて話しかけて情報を得ることも。

アプリは複数のSenseに対応し、各部屋や貴重品に取り付けて一括管理することも可能だ。バッテリーは充電式で、1回のフル充電で2年ほどもつ。

Senseは現在、Kickstarterで41ドル(約4300円)の出資で入手できる。4月25日まで出資を受け付け、7月の発送を予定している。

Sense/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy