体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英アイルズベリーに設置のボウイ像、除幕から48時間以内に汚される

英アイルズベリーに設置のボウイ像、除幕から48時間以内に汚される

 英アイルズベリーで除幕されたばかりだった故デヴィッド・ボウイの銅像が48時間も経たない内にいたずらされた。

デヴィッド・ボウイ関連動画

 アンドリュー・シンクレアがデザインしたこの像は、ボウイが“ジギー・スターダスト”を名乗り始める前にライブハウスFriars Aylesburyに出演していたことが縁で現地に設置された。伝説的ミュージック・プロモーターであるデヴィッド・ストップスの呼び掛けで1万ポンド(約150万円)がクラウドファンディングを通じて集まり、制作された。2018年3月25日に行われたお披露目式では地元出身バンドであるマリリオンのリード・シンガー、スティーヴ・ホガースが除幕した。

 いたずら書きは緑のスプレーペイントで“RIP DB” (安らかに、デヴィッド・ボウイ)と“先にホームレスに食事を与えろ”と銅像の前の地面と後ろの壁に書かれていた。ホガースは、「アンドリュー・シンクレアによるデヴィッド・ボウイの驚異的な2体の像が48時間も経たない内に汚されたと聞き、心が沈み、落胆している。ひどい話だ。元通りにできることを願うと同時に、この素晴らしいアート作品がこの先何年も人々がアイルズベリーを訪れる理由になることを願っている」とコメントした。
 
 英BBCとのインタビューでストップスは、ボウイ像には防犯カメラが設置されてある為、犯人を特定する手がかりになるだろうと話している。また、住民がBBCに話したところによると、清掃作業は税金でまかなわれる為、皮肉にもホームレスに使われるべきお金を奪ったのはいたずら書きの犯人であるとのことだ。

◎David Bowie Statue Vandalized Two Days After Unveiling
https://youtu.be/o7NsxSGVT3A

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイらの“永遠の時”をカメラに収めた写真家・鋤田(SUKITA)の初ドキュメンタリー映画、劇場用予告編解禁
デヴィッド・ボウイ、幻のベスト・アルバムが約35年の時を経て最新リマスター
故デヴィッド・ボウイ、霊媒師に死期を予言されていた? バンドのキーボーディストが明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。