体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2つ星シェフの来日イベントに潜入

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2ツ星シェフの来日イベントに潜入
(C)sweetsholic

日本とフランスを結ぶ玄関口シャルル・ド・ゴール空港(CDG)。空港にいながらフランスのグルメを満喫してもらうべく、2020年末までに、各国際線ターミナルにミシュラン星付きシェフによるレストランのオープンを予定しています。

そのひとつが、空港のターミナル1に来月オープンする「Teppan(テッパン)」。ミシュラン2ツ星のティエリー・マルクスシェフが率いる、ユニークなコンセプトのレストランです。

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2ツ星シェフの来日イベントに潜入
ビストロ マルクスのオープンキッチン (C)sweetsholic

これに際し、マルクスシェフとCDG空港代表のセシル・マルシャン・カッサーニュ氏が来日。マルクスシェフがオーナーを務める「Bistro Marx(ビストロ マルクス)」にて、CDG空港の新コンセプト発表会が開催されました。今回はその様子をレポートします。

空港にパリ21区が誕生!?

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2ツ星シェフの来日イベントに潜入
(C)sweetsholic

パリならではのショッピング、グルメ、カルチャーが楽しめる「観光地(Destination)/パリ21区」を目指すCDG空港。空港内には半年に1回ほど展示内容が変わるミュージアムもあるんです!

冒頭でお伝えしたように、各国際線ターミナルにミシュラン星付きシェフによるレストランのオープンを予定しています。現在はターミナル1・ターミナル2・ターミナル2Eに、コンセプトと雰囲気の異なる3店舗があり、4月には「Teppan(テッパン)」がオープン予定。旅の初めから終わりまで、美食を堪能できる素晴らしいチャンス! 

気になる店名「Teppan」の謎

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2ツ星シェフの来日イベントに潜入
(C)sweetsholic

店名から想像するに、鉄板焼が食べられるお店なのでしょうか? 来場者にお店の雰囲気を体験してもらうべく、当日はマルクスシェフが、サーモンを使った料理とデザートを披露。鉄板で焼き上げるサーモンは約7分、デザートはわずか約5分という速さであっという間に仕上がりました。

Teppanのコンセプトは「新鮮な素材を手早く」。それにしても、なぜTeppan? 

マルクスシェフに話を聞いてみたところ、次のような答えが返ってきました。「鉄板を使えば素材の味を忠実に表現できるのはもちろん、空港での限られた時間の中でも、手早く調理ができる」とのこと。オープンにあたり、シェフが2.4メートル分の鉄板を日本で購入したのだとか!

【パリ】CDG空港が美食の拠点に!ミシュラン2ツ星シェフの来日イベントに潜入
(C)sweetsholic

といっても「日本の鉄板焼をフランスで紹介するのではなく、CDG空港の近郊など、主にフランス国内の食材を用いた料理を提供していく」と言います。同店で供するプレートには「ロブスターや肉などメインの素材と副菜が2種類という、シンプルな構成で楽しんでもらう」とのこと。鉄板という調理器具を用いて、季節感を大切にしたフランス料理を提供する店なのですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy