体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2種類の赤味噌を調合したスープでいただく「もつ煮定食」

3月27日放送の「Nスタ」(TBS系、午後15時49分~)では、人情料理店の人気の秘密を取材した中で、「永井食堂」(群馬県渋川市)が紹介された。

同店は、JR上越線の敷島駅から徒歩47分、津久田駅から徒歩74分ほどの場所にあるもつ煮をメインとしたお店。大行列が店の名物になっているほど人気の店内は長いカウンターのみとなっている。

お店のメニューにはラーメンなどもあるが、番組では訪れる人のほとんどが注文するメニューとして「もつ煮定食」(590円)が紹介された。
「もつ煮定食」は国産の生モツのみを使用したお店の名物メニューで多い日には1日で600食以上も売れるそうだ.。スープは2種類の赤味噌を調合し、黒ごま、七味、にんにくなどを入れてじっくり煮込んだ一品となっている。

仲谷亜希子さんが「もつ煮定食」をいただくと「ん~!噛む必要がほとんどないくらいやわらかくて口に入れた瞬間に、にんにくの香りがガツンと来ますね。ごはんが進む味ですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:永井食堂 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋川・伊香保のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店紹介
ぐるなび検索:渋川・伊香保×焼肉・ホルモン・鉄板焼きのお店一覧
さまざまな味が楽しめる「あんこフォンデュ」
自然薯を使ったカルパッチョとすき焼き

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。