体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分がマリオみたいになれるゲーム。

自分がマリオみたいになれるゲーム。

ジャンプをして、コインを集め、敵を倒す。

「それだけ」なんて言ってしまったら怒られるかもしれませんが、それだけでも熱中できる、誰もが遊んだことがあるだろう『スーパーマリオブラザーズ』。

テクノロジーが発展したおかげで、自分がマリオになったような感覚で楽しめるゲームが開発されました。

ゲームの主人公は自分!

自分がマリオみたいになれるゲーム。

ボルダリングとエアホッケーを掛け合わせたゲームを開発して、話題になった「Valo Motion」。

彼らの新作が、ここで紹介する「ValoJump」です。

これはトランポリンの要素とARを融合させたゲームなんだとか。

遊ぶのに必要なのはジャンプだけ、と直感的にプレイできるとのこと。

その様子が、なんだか『スーパーマリオブラザース』を思い出させるのです。

昨今、ARはエクササイズの分野にも取り入れられ始め、すでに欧米では新たなカタチのボクササイズなども登場しています。

そして、ランニングよりも運動効果があると注目されているトランポリン。欧米では、多くの場所で体験ができます。

ちょうど2つのトレンドが交わった「ValoJump」は、評判を高め、どんどんとプレイ人口が増えていくことでしょう。

日本に来る日も遠くはなさそうです。Reference: American Physiological SocietyLicensed material used with permission by Valo Motion

関連記事リンク(外部サイト)

あなたのプラモデルをスマホで操作できる時代もやってくる?
ヨーロッパで大ブレイク中!暗闇で行う「トランポリンフィットネス」が日本初上陸
かしこい「ARメジャー」アプリ。カメラでなぞってどこでも計測

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。