体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ママ、僕、労働で生きていく!」

「ママ、僕、労働で生きていく!」「ママ、僕、労働で生きていく!」

「ママ、僕、労働で生きていく!」

「何言ってるの、労働でなんて生きていける訳ないじゃない。なんでも機械がやってくれるこの時代に、労働で生きていける人なんて、ほんの一握りよ。私たち普通の人は、歌を歌ったり、絵を描いて、暮らしていくしかないの。分かったら、お歌の練習してらっしゃい」「ママ、僕、労働で生きていく!」「ママ、僕、労働で生きていく!」

原作・文 つちやみ
イラスト マッチロ

この作品はフィクションです。
実在する人物や団体、事件とはいっさい関係ありません。

関連記事リンク(外部サイト)

「ママ、くるまについてる、このまるいものはなに?」
宅配の到着を知らせるメッセージが、男に届く。
懸命に働くロボットたち。ショートフィルム『悪循環』のメッセージとは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy